♪うらメロ♪ブログ  

松村先生のためになるお話

ツボ。経穴。

その専門家の松村先生のお話は大変面白かった。

10年ほど前に先生は脳内出血になられて手術をされたそうである。
その原因というのもあまりないような話で、脳の中の血管が生まれつきよじれていたのだそうである。

「脳の中の血管がどないなってるんかわかれしませんやんか。
手術して初めてよじれてるとわかったんです」

手術をしたら右側がマヒしてしまい視野も狭窄してしまったそうである。

それを先生は自力で治したのだそうである。

手首と足首のところに原穴というツボがあってそこを刺激したのだそうである。
と言っても右側がマヒしているので普通に刺激することは出来ない。
まずとじている右手を左手でひらいて指を組み合わせ八の字をえがくように
30秒回転させる。その時にひじや肩は動かしてはいけない。
足首は奥さんにやってもらったそうである。
足首を手でおさえて足先を持って外側と内側に各10回、回転させるのだそうである。

これを続けていたら身体がもとどおりになったのだそうである。

「視野の狭窄はどうなったのですか?」とお聞きしたところ
普通は視野の狭窄はもとにはもどらないそうであるが、必ず戻ると思っていたら
戻ったのだとおっしゃっていた。

東洋哲学では、思った方向に人生は向くと言われ
奇跡はおきるものではなくおこすものであるとのこと


良い話だった。
by melo_pro | 2009-06-29 17:46 | 健康 | Comments(2)
Commented by ドタママ at 2009-06-30 00:15 x
いいお話を聞かせていただきました。
夫にも試してあげたいと思います。
お会いしたとき、詳しくやって、教えてくださいね、
Commented by トミナガ at 2009-06-30 01:52 x
是非とも、キセキはおこして下さい!!