♪うらメロ♪ブログ  

去年の日記によると

今ごろ、喘息の具合がだんだんと悪化していた。

思えば去年の7月9日から11日は下田にいた。

下田プリンスホテルのすぐ下のビーチに出て、ホテルに戻る時に階段の途中で立ち止まってしまった。
もちろん呼吸困難のためである。

その後はビーチにおりる前にメプチンエアーを吸入していたのを思い出す。

それから何日かして勝沼に行った。
ぶどうの棚の下でお茶を飲みながらおしゃべりに講じていたのだが私だけは
蒸し暑さで息が少し苦しかった。
それからしばらくして風邪をこじらせて喘息の発作がおきてしまった。


そのあとに自然回帰水、イオン棒、テラヘルツに出会ってそれらのものを愛用している。

おかげで、今年の夏は元気にすごせそうである。


今から10年ほど前、まだ喘息が今ほどひどくなっていない頃はよく歩いていた。
趣味は散歩というほど歩くのが好きである。

海まで行ったり鎌倉山に行ったり藤沢まで行ったり本当によく歩いていたが
そのうち仕事が忙しくなり、それにつれて喘息がだんだん悪化していき
歩かなくなった。
歩けなくなったのだ。

思えば、6月の終わり頃までは歩くとぜーぜーと息を切らしていた。

テラヘルツのネックレスをつけた日から喘息はおさまった。

イオン棒での毒だしによる好転反応からおきた喘息の一時的な悪化であったが
テラヘルツをつけたとたんにとりあえず苦しい症状はおさまってしまったのである。

一週間後にはそれまでずっとあったぜい鳴が消えていた。

今はステロイド吸入を一日おきにしている。

もしかしてやめても大丈夫なのかもしれないが一応ステロイドの掟は守らなければと思って、、。

もし、今後ステロイド吸入を2日おき、3日おきというふうにして離脱できれば
これはものすごいことである。

自然回帰水を3リットル以上のんで喘息を治した人を聞いたり実際にお会いしたりした。

治るまで2年以上はかかったとおっしゃっている。

私の場合3リットルを飲んでいたのは5ヶ月間くらいだった。
特にイオン棒にであってからは、多くて2リットルで通常は1.5リットルである。
出かけている時などは500mlということも多々ある。

つまり回帰水を3リットル飲むのをいつのまにかやめていたわけである。

総合して考えると、水を飲むよりもイオン棒とテラヘルツを使った方が治るスピードは
早いと言えそうである。

相変わらず不規則な生活をしていて喘息が治るというが私の理想である。


最近はけっこう歩いている。

今日も夜銀行とコンビニに行きがてらちょっと散歩をしてこようと思っている。

今まではこの歩きでこなせる範囲さえ車にたよらざるを得なかった。
by melo_pro | 2009-07-15 17:50 | 喘息 | Comments(0)