♪うらメロ♪ブログ  

診断結果

胸部X線写真、腰椎のMRI画像の結果が出るまで少し時間がかかりました。
昨日は季節柄というか、部活でケガをしたという中学生くらいの男子、女子が
いました。

ずっと私のあとから同じコースで検査を受けていた中学生男子は
車いすでコーチらしき40代くらいの男性につきそわれていました。

どんな怪我なのか気になったりしましたが、こういうのは待っていれば
なんとなく情報が入ってくるものだと思っていたら
けっこういろんなことがわかりました。

だいぶんたってからかけつけた家族(お母さん、妹、おじいちゃん、おばあちゃん)が
あらわれてからの会話から収拾。

一家総出できているようなわりにはお父さんの姿がみえないけど
お父さんは仕事中なのか否か。ちょっと気になる。

部活はバスケット、もしかしたら骨折かもしれない、今月いっぱいは
練習を休んで休養をとる、このあとは西鎌倉の川島整形外科にかよう。
しかし以前から足になんらかのトラブルがあったらしくいずれMRIを
撮るところだった。さらに妹も来年からバスケットをやることになっている。

とまあそんなところがわかりました。

でも、私、一番気になったのは、そのコーチの頭はズラではないかということでした。
年齢からしても、そのゆるぎのない前髪にしてもズラ的だったんですよねー。

さすがにこの事に対する情報までは、、、、。


まあそんなことを考えながら最終的な診断をうけるのを待っていました。

診察室に入ると、
「少し話がややこしくなりますが、、」ときりだされて
なんかやっかいな病気がみつかったのかと不安に。
MRIの画像をさして、「これがトミナガさんの椎間板です」と。
そして紙にその画像をわかりやすく図に書いて説明。
骨と軟骨の関係、そしてヘルニアだとどうなるのかとわかりやすく説明。
で、ヘルニアはありません。と言われ改めて自分の椎間板をみましたところ
軟骨のすり減りもなく骨の異常もなく、実に美しいものであることを知りました。

ひとこと「椎間板ヘルニアではありません!きれいな椎間板です!」と
明るく言っていただければうれしいんですけど。

そして、それからが本題で、その下の座骨のところから足に出ている神経のところに
圧迫があり、それが痛みをひきおこしている原因であること。
そして腰痛症の症状もあるのでこのふたつが重なっているというのが
正確な診断でした。

ぜんぜんややこしい話でもないやん。



痛み止めをのんでじっとしているしかないそうです。



病院入りが3:15
全てが終わったのが7:00でした。
by melo_pro | 2009-08-24 13:17 | 健康 | Comments(0)