♪うらメロ♪ブログ  

11月1日から

まだおおやけにできないので「これまで時々入っていた店」としておきますが
その店の経営を「いたく」されることになりました。
とは言え、妹との共同経営です。

8月末に冗談のような感じで「やりませんか?」と言われ
9月になって話がだんだんその方向に進み、「やってもいいかな」と
ふと思ったのがきっかけでした。

ものすごく儲かっている店なら「やりませんか?」という話は絶対にないので
このままならこの店は閉じることになるであろうと予測しました。

それならば、閉じる前に自分で経営してみたいと思ったのです。

もともと、パートでありながら店を仕切っていたのは妹であり
企画をたてていたのは私であったので、やることは今後もまったく同じこと。
これまで本社がやっていたことを私がすることになっています。

やるとに決めるまでにずいぶん時間がかかったのは、いろんな角度から考えたからです。

以前、本社はパートに全部をやらせる、、、と妹は文句を言っていました。
私は「勉強だと思えばすごく良いことではないか」と何度も言いました。

本社の担当の人が何もしないからこそ、こちらはお金をもらいながら勉強が出来ると。
ここで身につけたノウハウは将来自分で店をやる時に必ず役にたつのではないかと。
取引先の担当の人が店に来た時はとにかくいろいろと教えてもらうようにしようと言い
私も必ず店に出向いて担当の人の話を聞いていました。

どこどこの店でその取引先の商品が大変売れていると聞くとすぐに見に行って
そこで感じたことを取引先の担当者に聞いてもらったこともありました。
すると一歩つっこんだところで良い情報を聞くことが出来ました。

何故パートの身でありながらそこまで熱心にやっていたのか
自分でもよくわからないのですが、とにかく面白かったとしかいいようがありません。

自分で店を持とうという強い気持ちはぜんぜんありませんでしたがいつのまにか
店を運営するノウハウはしっかり身に付いた感じではあります。
そんな時に湧いて出た話だったので、出来る要素はあるのではないかと
判断したわけです。

あといろんな条件を考えると多分やっておいて良かったと言える日が
来るような気もしたし。。。
by melo_pro | 2009-10-16 23:47 | 仕事 | Comments(0)