♪うらメロ♪ブログ  

脱ステロイド生活を開始したけれど

今月3日の月曜日からステロイド吸入をとうとつにやめることにしました。
しかし昨日12日(水)の夜、ついにステロイドに手をだしてしまったのです。

といいますのも、突然の空気の冷たさに負けてしまって。

11日は戸塚の美容院まで行きましたが、けっこう歩いていると苦しかったです。
その夜はどうも苦しくて眠れそうになく気管支拡張剤を吸入。
しかしものすごい睡眠不足のまま早起きして鳥屋まで片道2時間のドライブを。

夕方帰宅した頃には完全に喘息状態で、夜気管支拡張剤とステロイド吸入を。

今日は起床時間にあわせて温風ヒーターをつけて部屋を暖かくしておいたのと
久しぶりに昼近くまで寝ていたおかげでかなり体調は回復しました。

びわ葉温熱療法と整体の若松さんは人のことだと思ってこともなげに
「今日からステロイドやめたら〜」と言われてその日からステロイド吸入をやめて
全く体調は悪くならなくてこのままずっといけるかなと思っていたけど
甘かった!!!
何が甘かったかというと気象をなめていました。

常に一定の温度で落ち着いた気象条件であればずっとステロイドなしで
若松さんの施術でイケたかもしれませんが
急に秋になってしまって、気候の変化に身体がついていけず
ついにステロイドのお世話になってしまったのですが
不思議なことにそれ以上悪くならないのです。
呼吸は苦しくてもじっとしていればなんとかやりすごせる程度で
発作は全くおきていません。

来週月曜日にまた若松さんの施術をうけますが
次の日から東北道を運転するので今後の対策をどうしたものかと思案しています。

来週水曜日に仙台の漢方で喘息を治す先生のところに行くことになっています。

しかし、突然の体調の変化にそなえて今日安達クリニックに
これまで使っていたキュバールとメプチンエアーを出してもらいに行ってきました。

今後これらの吸入剤を使わずにすむことを望んでいますが
持っているという安心感も捨てがたくて。

本格的な脱ステロイド生活はこれからです。

by melo_pro | 2016-10-13 18:38 | 喘息 | Comments(2)
Commented by アラジン at 2016-10-14 07:36 x
僕のステロイド休薬は漢方薬あっての話です。
僕も昨年、1ヶ月間のステロイド休薬をしました。
不思議と呼吸は安定していて、このままいくかと思いましたが、酷い花粉症になって断念しました。
喘息発作に移行するのが怖かったのです。
でも、今年は漢方薬に助けられました。
6ヶ月間はステロイド吸入と漢方を併用しました。
メロさんも最初は「麻黄」を含む漢方を併用して、徐々にステロイドを減量するのがいいと思います。
ステロイド吸入には即効性はないので、気分的なものが作用しているようです。
僕も未だに鞄と愛車とベッドサイドにはメプチンが控えていますが、この1年間はお呼びがありませんでした。
気管支拡張剤のホクナリンテープも抗アレルギー剤のシングレアも去痰剤のムコダインもお蔵入りです。
「麻黄」の服用で気管支拡張剤も不要になります。
ですが、漢方薬と西洋医薬との併用を薦める医学には疑問です。漢方だけで治ります。
僕の場合は7年間のステロイド吸入生活でしたから、休薬2ヶ月あたりで、痰も咳も息苦しさも軽減していきました。途中、酷い花粉症と激烈な痛みの咽頭炎に悩みましたが、それも2回の抗生物質投与で、2週間ほどでスッと治りました。
今は副鼻腔炎と逆流性食道炎による喉の炎症をコントロールする日々です。
仙台行きがメロさんいとって良き結果となりますように祈っています。
吉報をお待ちしております。
Commented by melo_pro at 2016-10-14 09:54
漢方薬は初めての体験です。
不安半分、楽しみ半分というところです。