♪うらメロ♪ブログ  

予定がなかなか、、、

今月20日木曜日に仙台の丸山クリニックに行き
姪の家に泊まって26日に帰るという予定。
姪も仕事が入ったり子供のサッカーの試合があったり
いろいろと忙しくて、25日に恒例の
光のページェントを見に行こうということなっていて
また今年のクリスマスも賑やかに過ごせると楽しみに
していたのであるが、
今週火曜日、突然母が体調を崩してしまい
水曜日にかかりつけの先生に診てもらったところ、
心臓がかなり弱ってきたと言われた。
昨年撮ってもらった肺のレントゲン写真と
今回のそれを見比べてみると素人の私でも
わかるくらいなんとなく弱々しい感じがする。

血液検査の結果によっては入院になる場合もあるので
今後のことについて先生から話を聞いておいた。

そして、姪に電話で仙台は20日に日帰りで行く事に
するからと伝えておいたのである。

母の場合、これまでは通院であったが先生の方から
何ヶ月か前にそろそろ往診に切り替える手続きを
した方が良いだろうと言われていた。
しかし、母が往診を嫌がっていたので延び延びに。

昨日往診の手続きをして、運良く今日が先生の
往診日ということですぐに来て下さったのである。

検査の結果、今母におきている状態は軽い風邪で
心臓は思いのほか元気であると言われた。
血中酸素濃度は95だった。
かつての死にかけていた頃の私の数値よりはるかに
良いではないか!

で、20日から26日まで出かけて大丈夫でしょうかと
聞いてみたところ
ぜんぜん、今まで通りにしていて大丈夫だと言われた

突然母の容態が変わってあちらの世界に急に
行くことはないかということを訴えたのである。

どうもそれはないらしい。
妹がいてくれるのでその点はありがたい。

普段はなにかとキツい妹であるが、
母の世話をすごく丁寧にやってくれている。

先生が「心臓はそれほど弱っていないので
しばらくしたら元気になりますよ」と仰った時
妹は安堵の涙を浮かべていた。
私は、、、そう長くはないだろうと覚悟を決めたのに
と気が抜けてしまって
一気に疲れを感じつつ、私ってサイコパスかと
妙に自分のとんでもない本質に気がついてしまった。

そして、姪に電話。
結局、泊まっていくことになったからよろしく。と

まだ未定ではあるが光のページェントも行けるかも
と妹と話していたところ
母が火曜日以来ずっとあった脇腹の痛みが湿布を
貼ってもとれないと不安を訴え出して
もしかしたら入院した方がいいのかもしれないと。

そうなるとやっばり仙台は日帰りにしてと妹。

検査の結果内蔵はどこも悪くないというのが逆に厄介である。

とにかく、また先生に相談して
入院することになるかもしれない。

そして、丸山クリニックに行けない場合
先生のところでシムビコートを出してもらうことに
しておいた。

私の喘息であるが、そうとう良くなっている。

by melo_pro | 2018-12-14 00:04 | 家族 | Comments(0)