♪うらメロ♪ブログ  

最近の若い者

e0034013_17291700.jpg

先日母の要介護度が変わった事による会議があった
関係者が集まって話をするのだが、
主に母の状態についての近況報告である。
あと家族の抱えている悩みを聞いてもらったり
それに対するアドバイスを受けたり。

当日集まったのは、ケアマネジャー、訪問看護師
出張入浴サービス会社の所長。のお三方。

母の場合、いろいろな面でずいぶん良くなったので
今のところは特に問題はないのだけど
ずっと誰かが家にいなければならず
その点は少し不満がある。

あと何十年もこの状態が続くわけではないので、
と私は思っているのだが妹が言い出した。

「銀座に無印が出来たので〜」と言ったトタン
話は思わぬ方向に進んでいったのだ。

行きたくても行けないと言おうとするのを
遮るように
「銀座に無印が出来たんですか?」
「え!?知らなかったのですか?」
「1度行ってみてくださいよ、、」
すると羽生結弦に似た所長26歳が言うのだ。

「銀座なんて嫌ですよ、僕東京がダメなんで
僕は海と山と畑があればどこでも生きていけます」
「えー?東京に行ったことぐらいあるでしょう」
「大学は東京でした」

有名私立大学を卒業してすぐにこの世界に入ったそうで、最初はヘルパーの資格を取って社会福祉士の資格も取ったそうで、大学時代は政治学を勉強して
議員さんの選挙の手伝いをずっとやっていたそうである

彼の夢は自給自足の生活をすることだそうである。

次の仕事のために早々と帰っていった訪問看護師のKさんの場合、
ご主人が長野県出身で将来ご主人は長野に帰りたいのだけど、Kさんはあんな寒くて何もないところは
絶対にイヤだと力強く言っていた。

人それぞれ。

所長がどこかで自給自足の生活を始めたら
ぜひ遊びに行きたいわ〜



by melo_pro | 2019-05-04 17:29 | 介護 | Comments(0)