♪うらメロ♪ブログ  

カテゴリ:TAKAYUKI( 50 )

TAKAYUKIについて

e0034013_13431673.gif


TAKAYUKIのピアノの演奏はようやく、本当にようやく
人の心を動かす力を持つようになりました。

このポスターはTAKAYUKIの初リサイタルの時のものです。
彼は自閉症的ハンディーキャップを持つ人です。
彼の内面的イメージをポスターで表現してみたいとけっこう気合いを入れて作りました。

コンサートの場所はヤマハ横浜店3階サロンです。

ここで単独のリサイタルが出来たことは今思えば奇跡的なことでした。
当時の店長である夏目さんが非常にアバウトな人だったために「いいよ」と言う事に。
さらに夏目さんはオーディオと車の趣味を持つ人でたのみもしないのに
彼の演奏を非常にクオリティーの高い状態で録音して下さったのです。

「いい感じに録音出来たよ」とニコニコしながら音源を下さいました。

これは僕だからこそこれだけのことが出来るんだよ。という気持ちがありありと
表れた笑顔でした。

ところが、夏目さんの趣味が次の展開を生んだのです。

この音源に目をとめて下さった方が表れてCDを製作するはこびになりました。

それからしばらくの間CD発売記念のライブコンサートを藤沢で行っていました。

しかし、ある日を境にライブ活動をやめることにしました。

理由は誰にも言っていませんでした。
いずれそれが言える時がくればこんなにうれしいことはないと思っていました。

誰にも言えなかった理由は
彼の音楽はこれ以上のびることはない。と思ったからです。

彼の演奏は障害者らしく荒々しいものでした。
それを彼の持ち味だと言って下さるかたが大多数でしたが私は
どうしてもそれが良いとは思えなかったのです。
この状態をずっと続けていけば必ずあきられる時がきてしまうと思いました。
それが活動をやめた本当の理由でした。
当時私も江の島で仕事を始めたりしていそがしくなったこともあり
表向きの理由は仕事が忙しくなったのでコンサート活動は出来なくなった。としていました。

TAKAYUKIはそれでも作曲を続けていましたが、彼の作曲能力のピークもすぎたと思いました。
どれも同じことの繰り返しで、そのうち作曲からも遠ざかって行きました。
そのあたりは自然の流れでそうなっていったと思います。

2012年あたりだったと思いますがピアノのテクニカルな指導をして下さる先生がみつかり
ピアノの基礎的なレッスンをお願いすることにしました。

私自身はナカショーデュオのレッスンだけを行っていました。

TAKAYUKIはソロよりも伴奏の方が本当は力を発揮するのではないかとも思いました。
それならば誰の伴奏をすればいいのか、いろいろ課題はありましたが
とにかくナカショーデュオのコンサートをすることだけを目標にしていました。

私が彼らに求めたのはクオリティーです。

知的な障害者の人が頑張って演奏しているのをまわりはあたたかく見守る
このスタイルが実にきらいでして。

障害者であることが個性になって聞く人がカッコイイと思ってもらえるような演奏というのが
私の理想でした。

ボランティア的な何かよりも私の理想にこだわってしまいました。
TAKAYUKIのピアノにしてもそうです。
あの2006年当時の演奏ではダメだと。
では何が理想なのか。
それがわかりませんでした。
TAKAYUKIの演奏に対して、どうなれば理想なのか私自身もよくわかりませんでした。

しかし彼はヤマハにレッスンに来てピアノを弾くことが大変に好きでした。

特にナカショーのレッスンは非常に気に入っていました。

ナカショーのレッスンはどのようにしていたのかというと
彼らの好きなように弾かせていました。
テンションノートをいやというほど入れて弾いたりタケシも音楽的にひらめいたことを
たくさんやっていました。
それらのアイデアはいいのもあればイマイチというのもありましたが
あえて直さずに好きにさせていました。
そのうち勝手に良いバランスでまとまって行ったのです。

音楽表現において完全に彼らが独自でやっていました。

しかし、あまりにテクニック的にひどい時は鬼の特訓をしましたが
タケシは「もーいいよ〜」と音を上げていました。
しかしTAKAYUKIはそれが大変うれしかったみたいです。

そして昨日2度目のヤマハでのコンサートを行いました。
二人のコンサートです。
実は長い間彼らのコンサートを希望していましたが夏目さん以来店長が変わり
個人的にサロンをつかうことはむつかしいと言われていました。
以前ライブをやっていた藤沢のインタープレイはなくなり場所さがしからしなければ
と思っていたら昨年から新しく音楽教室の担当が小松さんというかたになりました。
するとこれまで行き詰まっていたコンサートの件が、いとも簡単にOKが出たのです。

それからはこちらの思い描いたとおりのことをすべてメールで連絡して
一度だけうちあわせをしましたが10分で終わり。

人によってこんなに仕事のしかたがちがうのかとびっくり。

何から何まで想像以上のできばえでした。

TAKAYUKIが変わったのは今月に入ってからです。

以前横浜で活動をしていて一緒にコンサートをやったことがあり
現在では岐阜で音楽活動をされている増谷澄香先生が
来年岐阜でタカユキ君に出演してもらえないかと連絡してこられました。
それをTAKAYUKIに伝えました。

忘れもしない5月のある日私は増谷さんからの電話で私はこう言っていました。

「彼もね〜ルックスが劣化してしまってお腹もひどく出ているし
顔もしまりがなくなって、ステージでどーなんだろーねー」

知的な障害者は、お洒落に無頓着です。
自分を良くみせようという意欲に欠けます。
長くステージ活動から遠ざかっていたのでもうイヤというくらいメタボのお腹になって
顔も本当にあの頃は本当に若かったんだと今更ながら昔を懐かしむ風貌に変化していました。
10年たつのだから劣化もしかたないな。。。。

そんなことを増谷さんに語っていたのがこの5月。先月です。

ところが、
6月に入ってから3回レッスンしましたが、回をおうごとに彼の演奏が別人のように
変化していきました。
それと同時になんかルックスも。

そしてコンサート当日の昨日思わず目をみはりました。

お腹の肉はどこに行ったの?!

たった2、3週間でこんなに人は変われるものなんだと改めて感心しました。

ほっそりとスタイルも良く以前に増して目が澄んでいい男になっているTAKAYUKI

それに演奏もすっかり変わりました。

最後のレッスンの時、彼の音楽は私の心を動かしてしまいました。

「このままにしておくのは惜しい」と。

そして昨日のコンサートで彼は聴いている人全員の胸をうつ演奏をしました。

このクオリティーを求めていたのだと思いました。

聴いている大人たちはみんな彼の音楽をなんとかしたいと思いました。

ここにきて二人の先生の力が彼を変えたのだと思います。

1人は彼のテクニカルレッスンをして下さっているヤマハの原田先生
もう1人は彼に出演のチャンスを下さった岐阜の増谷先生です。

今少しづつ人の輪が広がっています。

TAKAYUKIがヤマハのサロンで演奏するたびに大きな何かが動くような気がしています。

ようやくTAKAYUKIは
自閉症という個性を持った素敵なピアニストとしてスタートをきったと確信しています。
by melo_pro | 2016-06-26 15:02 | TAKAYUKI | Comments(0)

TAKAYUKI のピアノ

e0034013_19463570.jpg

今日はTAKAYUKIの補講。
久しぶりにピアノのレッスンをした。

彼のオリジナルを久しぶりに聴いた。
彼の曲は懐かしい感じがする。

以前、コンサートをよくやっていた頃よくみんなから言われた。
TAKAYUKIの曲はどれも懐かしさを感じると。

あの頃私は、懐かしさなど感じる余裕はなかった。

今は、いちリスナーの耳で聴ける。

もしかしたら、今ならTAKAYUKI をピアニストとして
もうすこしうまく表現出来るかもしれない。



by melo_pro | 2015-07-14 19:45 | TAKAYUKI | Comments(0)

TAKAYUKI

e0034013_21205896.jpg


e0034013_2121624.jpg

by melo_pro | 2012-10-15 21:20 | TAKAYUKI | Comments(0)

お菓子な日々の音源

お菓子な日々

作曲/ピアノ演奏:TAKAYUKI

7年くらい前の演奏。
メモとして貼っておく。

自閉症の高い能力についていずれ私の考え方を書こうと思っている。
by melo_pro | 2012-10-07 01:01 | TAKAYUKI | Comments(2)

今日はバッチリ

今日は先週とはうってかわってすごくイイ音でした。

いつものフルコースだったし
体調も回復したし
家で練習もしてきたし。

ヨカッたよ。


e0034013_2117429.jpg

by melo_pro | 2012-02-27 21:13 | TAKAYUKI | Comments(1)

調子の悪い原因

演奏がザラザラしている。
もちろんミスミスミス。

これから質問を試みよう。

今日、仕事でおこられたとか?
誘導尋問みたいだが。

おこられたと言うか注意されたらしい。
資料をくしゃくしゃにしないようにと言われたらしい。

その事を気にしているかどうかを聞いてみたが、
気にしていないらしい。

今ピアノを弾くのがいやかどうか聞いてみたが、

楽しいそうである…
あららら、、

ぜんぜん楽しくない音にしか聞こえないんだけど。

もしかして今日レッスンの最初に
今日は補講だから9時までではなく8時までね。と言ったのが
楽しくない原因だったのかしら。


そう思って聞いてみた。

「レッスンは短くて大丈夫です。」と答えていたけど、
違うな。
絶対に違う。

いいのよ。正直に答えてね。
ぜんぜん音楽にのっていないその原因を知りたいだけなのよ。

「今日の、レッスンは短いと言ったからつまんないなと思ったの?」


どうもそうらしい。


「じゃあ、長くやってあげるわ。」


「ハイ!嬉しいです!!」







今TAKAYUKIと少し雑談。と言うか、何月何日にどうしたこうしたと
彼は喋る。
会話というより一方通行のおしゃべり。
○◯君カメラ忘れたの1月29日。
ヒ、ニ、クだからカメラを忘れました。

数年前の話で、これを聞くのは何十回目かなァ。

1月29日を<ヒニク>と語呂合わせした時はなかなかうまいこと言うねと
ウケた。
だからいつもこの話をするとウケるとインプット。

しばし、そんな調子で話す彼。

もしここで2月29日はニンニクだけど何かある?なんて聞こうものなら
かたまってしまうのだ。

会話にはならない。

でも彼はそれでおさまりがついたようだ。



そして今また弾きだす。

少し音が変わってきた。
少し音がなめらかになってさっきの
ザラザラした感じはなくなった。

調子悪い原因は、なんのことはない
言いたいことを言っていなかったから。



いつもレッスンはタケシと一緒にスタートする。
レッスン前にタケシと一緒に食事をして、タケシと一緒に教室に来る。

この段階でけっこう気持ちも満たされている。
そして二人で演奏。
それからタケシが先に帰ってTAKAYUKIの個人レッスン。
個人レッスンの前に少し休憩するので、その時に彼は私に言いたいことを言う
スペシャルなひとときがあった。

そう、スペシャルタイムが必要だったんだわ。

例えがよくないかもしれないけど
前●から始まるフルコースでなければならないのだろう。

そこのところを私はすっかり忘れていたというかあまり頭に入れてなかった。

完璧なる●ッ●●

誰ですか
ちがう文字を入れているのは!!


前菜から始まるフルコースであり
完璧なるレッスンですよ。
by melo_pro | 2012-02-20 20:12 | TAKAYUKI | Comments(0)

レッスン後くつろぐTAKAYUKI

e0034013_21185229.jpg




iPhoneから送信
by melo_pro | 2011-09-26 21:18 | TAKAYUKI | Comments(0)

選曲

10月に演奏する曲を決めなければならない。

8月最初に日にちと演奏時間を書いたメモをもらった。

いちおう5曲選んで今月中はそれを練習しておくようにと言っておいた。

今週の月曜日に最終的に決めることにしたのだが、、、、

そのどれもが、あまり良くなかった。

「夜に旅立つ人々」を久しぶりに演奏してみてはどうだろうかと思った私が悪かった。。。。。

ほとんどのところを手直しする必要がある。
音符の不正確さとか情緒のなさとか、実に味気ない曲になってしまっている。

その他、多分ちゃんと弾けば良い曲なのだろうという曲もさっぱり良さはつたわらない。

現在、月に2回のレッスンであるが9月は3回にするかなあと手帳をみてもどうしても
2回しか出来ない。
1週目は店長会議で出席しなければならないし3週目は祝日なので店に出なければならない。
7時まではしっかりと店にいなければならないのだ。
かといって別の曜日に、、、とも考えたけど。

しかし、一曲ずつこまめにレッスンをするということがどうもしっくりこない。

そこに気持ちが入らなければ多分これ以上にはならないだろうと思うのだ。

こちらの思っている仕上がりと彼の気持ちには相当なズレがある。

以前はピアノを弾く、作曲をするということだけにものすごい喜びがあっただろう。

あれから数年がたって、興味の幅はどんどんひろがっている。

多分、曲を私の思う方向にしあげていくことに彼は全く興味がないだろう。
それをすごく考えてしまったのである。


で、まず「夜に旅立つ人々」ははずすことにした。
「どうしてこれをやめるんですか?」と聞くので私は正直に答えた。
「よくないから」
この意味がどう伝わったかわからない。

「ラーメン」と言う作品がある。
最初彼はそれを弾きたいと言っていた。
私としては「夜に旅立つ人々」の情感を伝えたかったのである。
良い曲だから。。。
でも演奏があまりにもよくないのでそれはやめて「ラーメン」にしてみた。

良い!
ものすごく良い!

そして「緑の風景」も入れてみることにした。
こちらも
良い!
ものすごく良い!!

で、わかったのだ。
鍵盤に気持ちをぶつけるというのが彼には大変心地よいことなのだろうと。

この迫力はまさに彼にしか出せない。

結局選曲は次のように決まった。

ラーメン
2024
歌舞伎町でおきた恐怖の事件
緑の風景

本当は「夕暮れの日ざし」というものすごく素敵な曲がある
でも今回はそれははずすことにした。

そしてレッスンの終わりに言った。

「ラーメン、歌舞伎町〜、緑の風景 はものすごくいいよ。」

2024だけしっかりレッスンすれば良いと考えている。



あとは曲順である。
どの順番で弾くかでものすごく印象が変わる。
by melo_pro | 2011-08-31 17:21 | TAKAYUKI | Comments(0)

バッグの中は

前回のレッスンでメロディーラインだけをぬきだしてきなさいと言いました。

今回それがどうなったかを書いておきますね。

「メロディーラインだけって言ったのはどうなったかしら」
「まだやっていません」
「そう、、、」
「コードネームをとったものをプリントアウトすればいいんですよね」
「うん、そうだけど、、、」

なんかニュアンスがちがうのよね。

私がもとめているのはそのメロディーにはそのコードはいらないけど他のことを
考えなければならないわけで、そのあたりをどうつめるかのたたき台として
メロディーラインだけをまず書いてくれば、、、という感じにとらえているんだけど
あれから、あの曲をどうしたら良くなるか私なりに考えてみました。

リフを作ればいいんだわ!!

メロディーに対してもうひとつのえんえんと同じことが続くメロディーを
加えることによって曲がまた違う角度でみえてくるのではないかと。

もし、彼がメロディーラインだけを書いて来るのを忘れたらその場で書き出して
そこから次に進めば良いかとまあそんな感じでいました。

しかし、彼にとってメロディーラインだけをぬきだしてくるということは
例えばコンピューターに入力された譜面であればコードネームだけ消して
プリントアウトするという「作業」のことで
手書きのその譜面に対しても同じ捉え方をしていました。

しかし手書きなのでその「作業」は面倒で、、、、
だからまだやっていないというわけです。

さらに、この秋に20分のステージをたのまれたというので
その時に演奏する曲を決めて練習しなければなりません。

そんなわけで、前回のテーマはそのうちに、、、。

ついでにバッグの中身を見せてもらうことにしました。

私の考えですが、もう少し整理をした方がいいのではないかと。
どうしてもいるものだけ持ち歩くということを教えることによって
どうしてもその曲に必要な音を選ぶというセンスが身に付くのかもしれないと
思ってみたわけです。

メリハリ、、ですね。

彼の曲はとくに最近のものはどれもメリハリがなくて散漫というのがピッタリ。

「ところで、そのバッグなんだけど、仕事とレッスンに必要なもの以外のものが
ずいぶんあるんじゃない?どうしても必要なものは何か言ってみて?」

どうしても必要なものは仕事で使う作業服とレッスンで使う楽譜と筆記用具、携帯電話
カメラ
カメラはいつでも写真を撮るためにあった方がいいでしょう。

しかしレッスンで使う以外の楽譜は全部家において来てねということに。

さらに、あと何があるの?と聞くと、「フォトアルバム、ノート」
というわけでフォトアルバムをとりあえずバッグから出してもらったところ
分厚いのが6冊も。

で、ノートが7冊もあったんです。
キャンパスノートが7冊も!!

いったい何にこれが必要なのか聞いてもどうしても答えてくれません。

でも1冊だけ見せてもらいました。

最初の1ページ目は小遣い帳となっていて、しかしそれは1ページだけで終わっていて
そこからかなりのページが空白になっていてそのあとに
細かい字でビッシリ書き込まれていたのが買ったCDやDVDのリスト。

それがものすごい量なのです。

発売されたらとにかく買うみたいな

「ねえこれ全部聴いてるの?」と思わずきくと「ハイ」とのこと。

彼はおびただしい量の音楽をきいていることを実感。

そのほとんどは女性ボーカリストのもの。



で、気になるその他の6冊は?

絶対に見せられないのだそうです。

何が書いてあるの?とそれでも聞くと
「いやだと感じたことを書いています」とだけ答えていました。

いったいどんなことが書き綴られているのか。




私たちは膨大なデータの中から必要なものを瞬時に選んでいます。
それは好みという方向であり、仕事上必要という義務であり
自分の中のこだわりであり、、
しかし自分の環境が変わるとあれだけこだわっていたものが全く自分にとって
必要のないものになる時があります。

過去の思い出としてとっておくとしてもそれよりも新しい必要なものが増えたら
過去の思い出も以前必要だったものもあまり意味をなさなくなります。


とくに私自身はいらないものの方が多くているものは少ないです。



しかし、彼は全部が必要なものでそれがどんどん増えて行くわけで、、、
by melo_pro | 2011-07-26 18:50 | TAKAYUKI | Comments(0)

やはり書いておくべきかと

昨日から書こうかどうしようかと迷っていたのですがやはり書いておきます。

ちょうどさきほど選別が大事と書いたことだし。


このところ彼の作品のチェックをあまりしていませんでした。
曲も作っていなかったし、、過去の自作曲をちゃんと弾けなければとの思いもあったし。

しかし昨日は久しぶりに書いてきた曲をチェックすることになりました。

2曲ありましたが、2曲ともNG

のんべんだらりと自分の好きなコードを並べているだけ。

ただし、彼の好きなコードはかなり高度だしコード進行におけるテクニックは
相当なものなので幼稚な曲ではないところがむつかしいところです。

お祭りをイメージして作ったとかで旋律は和風ではあるのですが
なんせコード使いが和風とはほど遠いのです
しかも似たようなコード進行を何度も使ってさらに転調までして
どこがお祭りなんだ!といらいらしてしまいましたわ。

でも、これをボサノバにすると逆に素敵になるんです。
で、私がその曲をボサノバのりズムで弾いてみました。
すると横で聞いていた彼はあきてしまって退屈そうにあくびをしていました。

で、言いましたね。
「今私が弾いていた時退屈だったでしょ?これがあなたの曲なのよ
聞いていて飽きてしまうのよね。同じ事ばっかりくりかえしていて自分の好きな
コードばかりで、しかも長すぎるし」

「どこをカツトしますか?」

そういう問題じゃないのよね。
どこのコードをちがうコードにすれば良いかという問題でもないのよね。

さらに2曲目はもっと最悪
和太鼓のイメージだというのにやっぱりぜんぜん関係のないコードをっていうか
1曲目と同じコード使い。

よほどそのコードが好きなのだなとは思いますが思わず怒鳴りそうになりました

「いいかげんにしてよ!!!両方ともボツ!」とどなれば私はすっきりしますが
なんせ彼は知的な障害を持っています。
何がよくないのかさっぱりわかっていません。
彼にしてみたら怒鳴られるすじあいはないはず。

しかし、これは単純に好きなコードを並べているだけなので作品とはほど遠いもの。

でも彼にしてみたらそれが何故よくないのかなんて考えたこともないし
もしかしたら彼の中ではすごく良いものなのかもしれないし。

こういう場合どういう言い方をすれば効果的なんだろうと言葉をさがしました。

「電車とバスの写真を例にとりましょう。同じようなバスの写真が何枚もあって
同じような電車の写真が何枚もあってそのどれもがすごく良い写真だとしても
それを全部みせられたらたまったもんじゃないわよね。見る方は退屈なだけよ
だからたくさんある中から1枚か2枚を選べば電車もバスもすごく良い写真だと
見ている人には伝わるでしょ。
それと同じでコードをそんなにたくさん使わずにもっと減らして効果的に
使うことをしなければならないのよ。だからどこをカットするとかどこをちがうコードに
するとかそういう問題ではないのよ。全体のバランスを考えなきゃ、、、」

この説明を理解してくれたかどうかわかりません。

で、1曲目はボサノバのアレンジに変えるようにと指示。

もう1曲の方はメロディーラインだけ書いて来なさいと指示。

このような場合どちらもコード処理はしてはダメなんだよね。

モードを使わなきゃ。

ここまで仕上がった曲を否定して1からやり直すべきかどうか迷います。

さらにこれは技術だけの問題ではないのです。
何が良いのか何が良くないのか。
その基準は聞いていてどうかなわけで、そこは大変むつかしいところなんですよ。

だから聞いていて納得出来るかどうかをこちらが整えていかなければならないのだけど
そこに本人の気持ちがなければ単に彼の提供する素材に私が手を加えて作品に
しあげるということになってしまいます。

彼は神奈中バスの写真の写真集を作りたいのに、いつのまにか彼としては全く興味のない
何かの写真集に仕上がってしまったというような感じ?

そこで、私は大事なことを思いつきました。

それは彼の荷物の多さです。

以前はそうではなかったのに。最近だんだんバッグが増えてきて

まず大きなバッグがひとつ。
そしてウエストポーチと最近ではもうひとつ小さなバッグを腰にぶらさげています。
その中に携帯とかはいっていると思ったら胸のポケットに携帯その他が
パンパンにふくらんでいます。

会社の帰りにヤマハに来るんだけどどう考えてもそんなに荷物はないはず。

大きいバッグひとつですむはず。

そして、その大きいバッグには今まで作った曲の楽譜がほぼ全部。
さらになんでそんなのを持って来るの?と首をかしげるような譜面もあり
中を見るのが怖い!!!!

今必要なものは何かを教えなければならないのかしら。

それとともに今回の2曲は完璧モードで処理して左手の動きをぜんぜん変えてしまって
メロディーも主題と発展をきっちり作ってまとめてみます。

結局は彼の思ったのとは全くちがう方向にいってしまうでしょう。
でもせっかくの素材は活かさなくては。
by melo_pro | 2011-07-12 15:03 | TAKAYUKI | Comments(0)