♪うらメロ♪ブログ  

カテゴリ:喘息( 142 )

今の健康状態

e0034013_16351314.jpg


喘息については喘息ブログを立ち上げていますので
そちらにまとめて書いています。



こちらでも少し今の状態について書いておくことにします。

脱ステロイドを目指して右往左往していたあの頃のことをたまに思い出します。

サプリメント、水、遠隔治療、そしてDr.ドルフィン、桑の葉療法、
どれも効果がなかったです。

Dr.ドルフィンと桑の葉療法は効果を感じる前にやめたので
効かなかったとも言い切れませんが。

私の場合、丸山クリニックでの漢方薬の治療はすぐに効果が出ました。
最初は何種類かの薬(漢方薬ではない)で早く症状を抑えて
暫くしてから漢方薬のみになり今に至ります。

2016年10月から今年の6月まで漢方薬とステロイド吸入のセットで
最初は朝2回、夜2回で今年に入ってから少しづつ吸入回数を減らし始めています。

今は漢方薬は苦しい時だけ飲めば良いという段階になっています。
ステロイド吸入も早く減らしたいのですがこればかりは
「絶対に急いではいけない」と言われています。

最初のうちは先生の指示通りにしなければならなかったのですが
先月初めに受けた呼吸機能検査で非常に良い結果が出て
ステロイドの吸入回数も減らして良いということに。

「急いではいけません」というわりには減らし方はすごく適当

私 「今のところ朝一回、夜一回ですが夜一回だけでもいいですか?」
先生「いいです」
私 「じゃあ、吸入しない日があってもいいんでしょうか?」
先生「いいです」

こうやってだんだん遠ざかっていくのかなと思います。

by melo_pro | 2018-07-01 17:25 | 喘息 | Comments(0)

喘息ブログを始めました

今日からステロイド吸入を朝夜ともに1回にします。
それにともない「脱ステロイドへの道!」というタイトルのブログを開設し
喘息関係の記事はそちらに統一することにします。

◎丸山クリニックに出会って以降のこと
◎喘息を発症した当時の状況やその原因となることの分析
◎何度も失敗した無謀な脱ステロイドの経験

と3つのカテゴリーに分けて、この20年間のことを振り返りつつ
現在の状況について書いていこうと思っています


☆興味ある方はこちらをクリックして下さい
e0034013_17412058.jpg



by melo_pro | 2018-04-12 19:11 | 喘息 | Comments(0)

脱ステロイドが少し現実的に

e0034013_00233372.jpg

2月半ば頃から朝夜2回ずつの吸入を朝は1回にしている

そのことを丸山先生に言ったら、それでいいとのこと

昨年秋に吸入回数を減らしたいと言ってみたところ
これから寒くなるから無理をしない方が良いと言われ
呼吸機能検査を受けたら結果は芳しくなかった。

ようやく暖かくなってピークフロー値も
安定してきたので直感で1回でいいと思った。

今後は夜も1回にしてもいいでしょうか?
と聞いてみた。

自分で決めて良いと言われた。

「この感じで、そのうち脱ステロイドが出来ますか?」

「出来ます」


ようやく、脱ステロイドに向かい始めた。

今まで何度も脱ステロイドに失敗してきた。

もし、脱ステロイドを目指すのが今回初めてだったら
今頃、丸山クリニックに行くのをやめていたかもしれない。

ここまで良くなったからあとは自分で管理していこうとか

あるいは適当に自己判断で吸入回数を減らしていたかもしれない。

最初に丸山先生にクギをさされた。
自分の判断で吸入回数を減らさないようにと。

長年の失敗の経験があったからこそ
先生の指示を守れている。

喘息歴20年にもなると、それだけ治るのも
時間がかかる。

脱ステロイドを成功させるためにはまず
焦らないこと。
たっぷりの時間をとること。
自己判断をしないこと。

だろうと思う。
(今まではモロにこの反対の事をやっていた。
死ななかったのが不思議なくらいである)

この1年余りは発作が全く起きていない。
これだけでもすごいことだと思って過ごしていた

これからの1年は吸入回数を朝夜1回ずつが目標。

喘息専門医の指導による脱ステロイドに
非常に興味がある。
初めての経験だもんで。

*あくまでも漢方薬に支えられているから
可能な事である。

by melo_pro | 2018-04-06 00:23 | 喘息 | Comments(0)

最近気がついたこと

e0034013_12100313.jpg


今服用している漢方薬の一つに写真の「麦門冬湯エキス顆粒」
というのがあります。
「バクモンドウトウ」
これは非常に癖のないお味で飲みやすいです。

このエキスは「喉の乾燥感や違和感をとる作用がある」と説明書に書いてあります

2016年10月16日に初めて丸山クリニックで診察を受けた時に
私は喉の違和感と不快な咳について訴えていました
先生は私の顔を見て何度も口を大きく開けたり閉じたりさせて
「顎関節症だね」といわれました。
しばらく宮城に滞在していると言ったら明日もきてくださいいと言われて
薬を処方してもらいすぐに服用して次の日にクリニックに行きました。

又、口を開けさせられ
「治ってるね」と言われたのですが私は昨日と全然同じだと思ったので
「そんなにすぐに治るものなんですか?」と聞いたら
「治ってます」と言われ、そんなもんかなあと。

喘息の人は顎関節症になっている人が結構多いらしいということを
あとで知りました

それから1年5ヶ月、相変わらず同じ薬を服用しています。
今は喉の違和感はすっかりなくなりました。

今思い出すと、2016年あたりから歯のメンテナンスがかなり苦痛になってきて
手短かバージョンでお願いします。と
そのうち、ミントの香りでも反応してしまい歯科衛生士さんにそのことを
言っていました。
それでミントの香りのする仕上げ剤を刺激のないものに変えてもらっていました。
しかし2017年に入ってハードバージョンでもOKになり
8月のメンテナンスの時に「ミントはダメでしたね?」と言われて「えっ?」と。
ミントがダメなのを忘れていました。

昨年末から結構大掛かりな歯の治療が始まっています。
これまでのブリッジをとって義歯にするための治療です。

この時に一番恐れていたのが 型とり

それが全然苦痛ではなくてびっくりしました。

そういえば歯のレントゲンを撮る時もなんともなかったなあ

私は喉が異様に敏感でいわゆる喉が弱い体質です。
だから歯のレントゲンを撮るときに板状のものを口に入れられるわけで
もうそれだけでも苦しくて顔をしかめていました。

それが、全然平気なので医学の進歩で板も小ぶりのものになったのだと
思っていましたが、どうもそれだけではなさそう。

いつの間にか喉の違和感がなくなっていたことに全然気がつかずにいたわけです。

歯の治療が楽になったことでバクモンドウトウが効いていることに
気がついたわけです。

漢方薬の効き目というのはそんな感じなんですね〜

この1年半、ひたすら風邪を引かないように、
風邪を引いたら気管支炎にならないように、
季節の変わり目などに咳き込むことがないように
そして何よりも喘息の発作が起きないように
とそこの辺りばかりに集中していました。

風邪はひくことはあるのですが、それ以上にはならず
喘息の発作も薬を服用し始めてから全く起きていません。

季節の変わり目の風の変化や気圧の変化にはほとんど反応しなくなりました。

全く反応しないわけでもないのですが、少し咳がでるくらいです。

2月に丸山クリニックに行った時に測ってもらった酸素濃度は97でした。

昨年12月にシムビコートを朝夜2吸入づつなのを朝1回にしたいと言ったのですが
その時に酸素濃度が94で肺機能検査の結果が思わしくなく
今の時期に無理をしない方がいいと言われていました。

が、2月17日から朝1回夜2回にして様子を見ています。
全く問題はありません。



More
by melo_pro | 2018-03-07 12:41 | 喘息 | Comments(2)

丸山クリニックにて

丸山クリニックの待合室。
電磁波対策がなされているのでいつも気持ちいいです
e0034013_14222360.jpg

今日の診察も楽しかった!
風邪をひきました!と言ったら、いきなり綿棒の大きいのを鼻に!
検査の結果インフルエンザではなかったので一安心

肝臓の検査をして今、薬待ち。
90分かかるのでIKEAのレストランで遅い昼食。

e0034013_14300071.jpg

今日もカレーを食べる。
窓の向こうの丸山クリニックをながめながら。
e0034013_14300142.jpg


by melo_pro | 2018-02-08 14:22 | 喘息 | Comments(0)

風邪

不覚にも風邪をひいてしまった、、、😩

熱はない。
ピークフロー値がぐんと下がってしまった。

250

昨年10月より仙台丸山クリニックに通うまではピークフロー値という言葉は知っていたけど
それを測定することは発想の中にはなかった。
(それが何故なのかについての説明はそのうちに必要になればしなければならない問題である)

最初に丸山クリニックでピークフロー値をはかった時の数値は120
酸素濃度は85%
苦しくなるとメプチンを吸入。
ステロイドよりマシかと思って間違ったやり方でしのいでいたあの頃が懐かしい。

以前「最近調子が良い」と思っていた時って
ピークフロー値は250くらいだったのでは?

しかし、今喘息に対して正しい知識を持ち始めた私は250でビビっている。
なんという進歩。

本格的な治療を開始して風邪をひいたことがあったけど
250まで下がることはなかったので、少し不安になってしまった。
尤も、あの時はこのまま下がって行ったら喘息の発作が起きる〜と思って
丸山先生に電話をして始めに出してもらっていたユニフィルとベガを
先生の指導のもとに服用して発作まで行くのを食い止めたのである。

今回も電話をしようかと思ったのだけど、それはやめて様子を見ることにしている。

風邪の原因ははっきりしている。

宮城は寒かった。湘南は暖かい。
私は昔から暖かくなると風邪をひいていた。
急に暖かくなると気が緩むのか、なんか油断するのかもしれない。

ちなみに今日は風邪が治り始めている。

身体が軽くなった。✌️😁
by melo_pro | 2017-12-18 17:56 | 喘息 | Comments(2)

今回の流れ

夏の暑さよりも寒い方が身体が楽です。

e0034013_11125777.jpg


e0034013_11130303.jpg


検査結果の用紙を全然もらっていなかったのでその旨を言うと
希望すればコピーしてもらえるとのことで、今回初めて検査結果のコピーを
もらってきました。
家に帰ってからしっかり目を通しましたが、全て問題ない結果でした。

ただ、肺機能の検査では「・・・・・・」と言う結果。
夏にすごく良い結果が出ていましたが、季節性のものだろうとのこと。

まだシムビコートは朝2、夜2でと言われましたが
「実は11月の終わりころの1週間だけ朝1、夜2にしてみましたけど
あまり変化はなかったです」と言ってみました。
しかし「無理しない方がいい」と言われて、、、、、

ピークフロー値は常に300前後です。
夏ころだったかに「ピークフロー値の数字は気にしなくていい」と言われていました。

今治療を始めて1年が過ぎたところです。
季節や気温の移り変わりがどう影響するのかを知りたかったのですが
ようやく自分の喘息の特徴がつかめてきました。

12月から4月頃までは安定していて5月の花粉の季節が始まり夏が終わり秋が始まるまで
すごく良くないです。
冬の寒さよりも夏の暑さが身体に影響しているのですね〜

しかし、昨年の今頃は宮城に行くとたちまちピークフロー値が低下して
風邪をひいたりしていました。

夏前頃から宮城でも湘南でも数値は変わらなくなっています。

数値よりもグラフの形の方が重要ではないかと。

最近は常に一定の数値を保っています。

先生は無理をしてはいけないとおっしゃっていますが
またしばらくしたら吸入を朝1、夜2にしてみようと思っています。

昨日お隣の方に喘息の治療に仙台まで行っている事を話しました。

「それで良くなっているの?」と聞かれたので
「ものすごく良くなっています」と言うと
「じゃあもう行かなくてもいいんじゃないの?」と言われ
「いえ、ステロイド吸入をやめたいので、それが目的です」と説明
(その方も軽い喘息になって今は治っているそうです)
「ずっとステロイド吸入を続けていていいんじゃないの?」と

そう言う認識なんだ、と改めて思ったわけです。

良くなればそこで終わりと言う感覚。
わからなくはないけど
多分、健康な人の発想なのですね。



by melo_pro | 2017-12-14 11:46 | 喘息 | Comments(4)

薬待ち

前回の血液検査の結果は異常なし。
しかし肺機能、酸素濃度はまたしても良くなくて
まだシムビコートの吸入回数は減らせないとのこと。
実は11月半ばに朝1夜2にしてみました。
特に変化はなかったようで、それも言ってみましたが
無理はしない方がいいと。
7月の検査では大変良かったので、
多分季節性のものかもしれないと。
あと、歯の治療に際しての痛み止めを
出してもらっておきました。
e0034013_13465730.jpg

e0034013_13465800.jpg

e0034013_13470162.jpg

薬待ち2時間。
今日のお昼です。
e0034013_13470299.jpg

丸山クリニックがIKEAのすぐそばにある事を
心から感謝しています。
e0034013_13470475.jpg

その昔、港北IKEAが出来たばかりの頃、
IKEAで食事が気楽に出来るようになりたいと
心から願ったものでした。
うちの家からは横浜新道、第三京浜を使って
1時間近くかかります。
途中で渋滞にあったりして、
とても気楽に行けるところではなくて。

喘息治療のおかげで夢が叶いました。

私は本当にIKEA(とコストコ)が好きなんです。

by melo_pro | 2017-12-06 13:46 | 喘息 | Comments(0)

丸山クリニックに

今日は午前中のみの診療のため朝9時18分発のバス。
山がよく見えています。
e0034013_11000742.jpg

e0034013_11000834.jpg

長町駅前。
e0034013_11001065.jpg

e0034013_11001186.jpg

丸山クリニックに。
2ヶ月ぶり。
e0034013_11001382.jpg


by melo_pro | 2017-12-06 10:59 | 喘息 | Comments(0)

今の状態

e0034013_12145692.jpg


去年の今頃は気候の変化が身体にひびいて咳に悩まされていました。

漢方薬の治療を始めてちょうど1年経ちますが、
すぐに、長い間悩まされていた鼻炎が治りました。
それと基礎体温が上がりました。
そのおかげで暑がりになってしまいました。
これまでは、寒がりでした。

今のように少し寒くなってきた方が快適です。
気温の変化や低気圧には全く影響されなくなりました。

これはとっても楽ですねー

こんなに楽なんだ、と思ってもよくよく考えたら
これは普通なのですね。

7月には呼吸機能が大変良かったのに、先日はまた数値が下がってしまいました。

夏前と夏の後

今年の夏は甘いものをかなり食べていました。

以前からチョコレートを異様に食べたくなったり甘いものを食べたくなって
しばらくしたら風邪をひいていました。

今年もそんな感じでしたが風邪をひくことはなくて、なんだろうと思っていたら
胃腸の具合が悪くなってしまって
とにかく食生活を見直すことにしました。

そうしたら、まさかの肺機能の低下だったわけです。

ことの発端は、毎朝必ずフランスパンに(たっぷり)バターを塗ってチーズをのせて
焼いて食べるといいう習慣が出来てからです。
以前少しの間グルテンフリーの生活をしていましたが、いつのまにか
それは忘れてしまって、、、、、、
この夏はパンをかなり食べていました。
夜寝る前にもお菓子を食べるようにもなっていました😩

それをやめたのは10月に入ってからあたりのタイミングです。

今は朝はバナナ1本だけにして夜は9時以降は何も食べないようにしています。
すると、まず甘いものを以前ほどは食べなくなりました。
間食も以前ほどはしなくなりました。



by melo_pro | 2017-10-15 14:30 | 喘息 | Comments(2)