♪うらメロ♪ブログ  

カテゴリ:Dr.ドルフィン診療所( 26 )

Dr.ドルフィン診療所に関する件

Dr.ドルフィン診療所は
2013年1月から2016年1月までちょうど3年間かよっていました。

今思うとやめてから喘息は悪化しました。
微妙に頸椎や腰痛に関しても不安は残りました。

Dr.ドルフィン診療所で施術をしてもらっていて特に気になることは
ありませんでした。

そんなわけで特にやめる理由はなかったのですが、
しいて言えば、かなりシビアな時間厳守の診療スタイルが面倒になったこと

私の場合頸椎狭窄症なのでそのためのケアというのが一番の目的でした。

本当はずっと通っているのがベストなのかもしれませんが
やはり、厳しい時間厳守というのはどうも、、、、ね。

遅刻したら強制的にキャンセルになり、しかも診療費は払わなくてはならない。
そんなに患者を時間に正確な人に指導する必要があるのかなと

実際にキャンセルさせられてその上、診療費を払わされたという人は
いないのだと思いますが。

by melo_pro | 2017-08-29 12:16 | Dr.ドルフィン診療所 | Comments(2)

微熱続きの今日Dr.ドルフィンに

先生がいつものとおり
「どうですか?」とおっしゃって
私は
「1週間前から風邪をひいて37度の熱がずっと下がりません」と訴えると
「それはよくないパターンです。私が良い状態にしてあげましょう
いったん悪くなってあとはすっと良くなるという状態です」
と先生はおっしゃいました。

良くなる前にさらに悪化するのはイヤだなと思ったけど。。。
今日の施術はかなりこみいっていた。
しかし、この先悪くなることはなさそうな気がした。

施術が終わって待合室にもどると以前一緒に仕事をしていたAさんと偶然会った。

彼女の施術終わりを待ってごはんを食べにいった。

こまち通りから少しそれたところにある知っている人しかいかないお食事処を
案内してもらった。
メニューは日替わりランチ1種類のみ。
税込み800円。

e0034013_21262841.jpg


e0034013_21345825.jpg


ごはんの量が大変多いと聞いて少なめにしてもらった。
e0034013_21362084.jpg


おかずもとにかくボリウムがあって美味しいんだけど
あと少しで食事が終わるかなという段階でこの書き物に目をやってしまった。
食事前にも見ていたのだが、見るタイミングというのかしら。
急に食欲がストップしてしまったのである。

e0034013_2139330.jpg


3番目の、使用済みのティッシュ、楊枝、薬の袋の文字がど突然私の食の欲をストップさせた
使用済みのティッシュと使用済みの楊枝
こういうものが目の前にあったら食欲は落ちる。
自分の出したゴミだから良いのだけど、こうして改めて文字化されると
ゴミだらけのテーブルで食事しているような気になる。

文字の力は恐ろしい。

家に帰って熱をはかったら昨日まで37度をキープしていたのがようやく
36,5度になった。
2回計って2回とも同じ数値を記録したから少し熱は下がり始めたのだろう。

Dr.ドルフィンのおかげか、単に回復する時期に入っているだけのことなのか
わからないところが微妙だな。

今日はゲスきわの絵音とベッキーの不倫騒動がもちあがっていたけど
以前から絵音の鼻の下の異様な長さがどうにも気になって惜しいと思っていた。

ベッキーはしくじり先生に出て再評価という道があるだろう。
by melo_pro | 2016-01-07 22:27 | Dr.ドルフィン診療所 | Comments(2)

Dr.ドルフィンに行きました

今日は施術もかねて買い物も。

喘息はかなり治っています。

それにしても、Dr.ドルフィン診療所に行く人って年々増えているみたいです。

妹は効いているのかどうかわからないと言ってそうそうに施術に行くのをやめましたが
私は特にやめる理由もなく、なんとなく続けています。

施術が終わって鶴ケ丘八幡の方面に歩いていきました。

e0034013_17272528.jpg


非常に気持ちの良い空気。
たまに鎌倉を歩くのも楽しいですね。
うちは住所が鎌倉というだけで、旧鎌倉のエキスはほとんどありません。
さりとて腰越のエキスもなく、どちらかと言うと藤沢のエキスが強いエリアです。
だから旧鎌倉を歩いている時は全くの旅行者気分です。

Dr.ドルフィン診療所に行くまでは、旧鎌倉に行くのは税金の申告の時だけ
小町通なんて何十年も行ってませんでしたね。

今日は岩座というお店で盛り塩の時に三角に作る道具を買いにいきました。

e0034013_17332942.jpg


ずいぶん面白いお店だなあと思ったら母体はチャイハネなんだそうです。

あともう2件に用事がありましたがちょっとお茶を。
たまにはミルクホールに入ってみようかなと思いながらあるいていたら
コメダコーヒーが出来ているではありませんか!!!
とりあえず入ってみました。

e0034013_17402965.jpg


コメダコーヒーといえばシロノワールですね!!

その後さかえ屋というお店でピアスを買って

e0034013_17472527.jpg


鎌倉風水会館によって帰りました。

とりあえず普通に歩けたから喘息はかなり回復しているのでしょう。
by melo_pro | 2015-11-24 17:44 | Dr.ドルフィン診療所 | Comments(0)

この2年半の施術効果について

e0034013_17394420.jpg


最初の施術が2013年1月11日でした。
その月は3回、次の月から10月までは月に2回
11月から2014年10月まで月1回
11月から2ヶ月に1回のペースになっています。

さきほどDr.ドルフィンの施術を受ける前の2012年1月からの喘息の記録を
まとめてみました。

Dr.ドルフィンの施術を受けるようになってから圧倒的にホクナリンテープと
メプチンエアーの仕様回数が減っていることがわかりました。

しかしキュバール(ステロイド吸入剤)はまだやめられないという現実があります。

よくなるたびにステロイド吸入をやめてみるものの、やはりその後はかえって
苦しい状態になって、結局何をやってもダメなのかとがっかりするわけです。

Dr.ドルフィンの他にもいろいろとサプリや施術などを試してみましたが
今はひとつだけを残してあとは全部やめています。

Dr.ドルフィンだけは淡々と続いていますが、それには理由があります。

Dr.ドルフィンの施術は、、、勝手にやめられないのです。
というか、やめさせてもらえないのです。

最初は施術によりかなり改善されましたが、ある時期からきいているのかどうか
よくわからないようになりました。

ところが月に2回のペースになってから、施術をしてもらうと身体が非常に楽になる
ということを実感するようになりました。
でもこの程度の感覚だと普通の施術でもいいんじゃないの?と思ったりするのです。
5分8000円
高いです。

どういう理由を言ってやめさせてもらおうか、、、等と考えたりしますよね。

そんな今日、これまでの記録を一目でわかるようにまとめてみて驚きました。

あきらかにDr.ドルフィンの施術を受けてから一時的に喘息が苦しくなっても
回復が早いというか次の日にはよくなっていることや
年間を通じて症状が安定しだしていることがわかりました。

ただ普段おだやかなぶん、ひとたび症状が悪化すると激しいというのも特徴です。

その激しさが印象にのこり、かえって悪化しているのではないかと。。。。

あせらずに、ゆっくりと取り組んでいかなければならないのだと思います。

月に2回のペースになってから、かなり改善されていることがわかります。

というかかなり改善されたから月に2回になったわけですが
その微妙な感じが施術5分の中でどうしてわかるのか不思議です。

あと、忘れてはならないのは自家製のお守りを身につけるようになってから
驚くほど良くなっています。
by melo_pro | 2015-07-03 18:19 | Dr.ドルフィン診療所 | Comments(8)

大船駅にて

大船観音
e0034013_11224236.jpg


久しぶりにDr.ドルフィン診療所に行ってきました。
このところ、腰痛になやまされていましたが
スッキリと痛みがとれて
肩こりとそれに伴う歯が浮いた感じの
不快感と目のまわりの緊張などもとれました。
by melo_pro | 2015-01-13 11:13 | Dr.ドルフィン診療所 | Comments(0)

待合室にて

今は月一回の施術です。

3月までは店の仕事のあとに行っていたのでいつも17時45分とか
そういう時間でしたが、
今月からは休みの日に行くので11時頃に行くようになりました。

この時間帯はすごく混んでいます。

昨日はなんかかなり大変な患者さんが。

つきそいのかたが横にいたかたと話をしておられました。
そのかたの話によると、近畿地方よりも遠い某県からこられたそうで
私は全身を耳にしてその方ともう一人の方の会話に聞き耳をたてていました。

といっても狭い待合室なので普通の声でも十分聞き取ることは可能。

どういった病気なのかはわかりませんが某県じゅうを探しまわったのだそうです。
薬を使わない治療を求めて。

ある病院で相談にのってもらうも、ことわられて途方にくれていたところを
Dr.ドルフィン診療所のことを知って即申し込みをしたところ
6年半待ちと言われたそうで、必死になって先生に
メールでいろいろと書き込んだところすぐに返事が来て
「それはひどい。すぐに診てあげます」と言われて今日来たとのこと。

しばらくしてその患者さんは座っていることが出来ず
つらそうに横になっていました。

そういう光景を見ながら診察室に呼ばれた私。

「その後どうですか?」と聞かれて
「すごく調子が良いです」と答えながら思いました。

私の喘息なんて本当にどうということはないのだなと。

しかもいつのまにか喘息は治っているし。

ただ、ステロイド吸入はまだ続けています。

これまで脱ステロイドで何度も失敗しているだけに今度ばかりは
ものすごく慎重になっています

ここ3ヶ月ほどの間はDr.ドルフィンの施術を受けた日の夜は
ステロイド吸入はしないと決めています。

で、今月からは2週間ごとに吸入をしない日を設けて
2ヶ月くらい様子をみてその次は週1にして又2、3ヶ月。

それからは4日に一度、3日に一度、2日に一度というペースで
ステロイド吸入をしない日を徐々に増やして
その後1週間に一度、2週間に1度、3週間に1度、月に1度というペースで
ステロイドから切り離して行くという気の長い計画でいます。

全くステロイド吸入をしなくても良くなる日が来るなんて
夢みたいな話です。

あせらずやっていきます。
by melo_pro | 2014-04-18 14:35 | Dr.ドルフィン診療所 | Comments(0)

今週月曜日から妹も施術開始!!!

いつも私がDr.ドルフィンの施術内容を詳しく話していたおかげで
妹は
「本当に聞いてるとおりだった」と。

ただ施術のしかたというか、施術の感じはどうしても真似できなくて
母やいとこが「で、どんなことをやるの?」と聞くのですが
「うーーーん。それだけは真似が出来なくて」というしかありません。

で、妹も真似しようとするのですが
「やっぱり真似するのは無理」と言い
あれだけは説明不可能ということで一致。

妹は自分の症状をものすごく気にするタイプで、私は半ばハナでせせら笑っているのですが。

「なんでもいいから気になることを詳しく書けばいいから」とアドバイスしておきました。
「最初だけだとしてもあんなにこちらの訴えについて全部キチンと耳をかたむけてくれる
ドクターはいないよ」

そんなわけで妹は気になる症状を前日にみっちりと下書きしていました。

<食べたあと気持ち悪くなるような気がする>
<背中のどこそこが痛いような気がする>
とか
これは完全にノイローゼじゃないのと思えるような内容。
しかも最後に
「いつも食べ過ぎてしまうんです」と言ったらしい。

しかし私は忘れずに良いアドバイスをしておきました。

「どんなに詳しく書いても言うことは同じだからね
大丈夫です。気にしないように。これだけだから」

本当にそうだったようです。

私からことこまかに聞いていたのでさほどびっくりしなかったようです。

とりあえず私は妹に言っておきました。

「お金持ちになるみたいよ」

「なんで?」

「わからなくてもいい」


シークレットとか法則とかよくいわれているじゃないですか。

その仕組みがわかったのです。

私なりにわかったことを少しかいておきます。
by melo_pro | 2014-02-13 21:57 | Dr.ドルフィン診療所 | Comments(0)

M様へ

Dr.ドルフィンに関するコメントは非公開にしていますもんで、、、。

M様へのお返事です。

ブログを紹介して下さってぜんぜんかまいません。

Dr.ドルフィンの施術体験について何故ブログに書こうと思ったかについて書いておきます。

最初私はいろんな意味で否定的だったからです。
だって、痛くもかゆくもない施術を何回かやっただけで病気が治るなんて信じられます?
それにお値段的に5分で7000円ですよ。
絶対に遅刻してはいけないしその日のキャンセルの場合7000円払わなければならないなんて
治療は5分あれば十分だと本に書いてありましたが、それは本当なのかと

いろいろ疑問がわいてくるわけです。

それこそ最初の施術に行った時は大げさに言うと「命がけ」でした。

この日をさかいに私は身体が不自由になってしまうのではないかと。

もしかして様々な失敗例はひたかくしにしてあるのではないかとか。

それで、私が経験したことを全てブログに書いておこうと思ったのです。

ただ事実を記録しておこうと。

もしかして、ものすごく批判的な人もいるかもしれないし
インチキだと言う人もいるかもしれないし。
でも当時の私には、全てがわからないことだらけでした。

事実を記録していけば、自分自身の感覚でちゃんととらえることが出来ると思ったわけです。

「来年の1月に予約を入れていましたがあきが出たので今日になりました」
とDr.ドルフィンに告げました。
すると「良かったですねー」と言われました。

何がよかったのかもちろんわかりません。
1年早まったことにどういう意味があるのだろうと。
実際に私の場合、頸椎症は別のやりかたで治っていたのですごく施術を急ぐ必要が
なかったのです。
喘息にしてもとりあえずステロイド吸入で症状はおさえられていたし。

で、この時にウデと腰の痛みに悩んでいた親戚がいました。
2014年1月の予約が2013年1月にあきがでたからどうですか?と電話をいただいた時
その親戚にゆずったのです。
そのかわり私の施術はその親戚が予約を入れてその日と交換することになり
それは5年ほど先になりそうだったのです。

私よりも親戚の症状の方が深刻だったし診療所にかけあってたのんでみました。
で、一応親戚がその日に行くことに決まったのですが、
いろいろあって、私が結局その日に行くことになりました。

親戚はその後予約を入れる気もなくて、縁がなかったのだなと思いました。
だからそれ以上はすすめていません。

そんなことがあったのですがとにかく1年早く施術を受けることにそれほどのありがたみも
何も感じず、ただすごい自信を持った先生なのだなと思いました。

そして最初の施術の時に「地球人革命」と言う本をすすめられましたが
「本を売りたいのだろう」と。

読んでみて後半はさっぱり理解できませんでした。
というよりも、そのまま信じる気にはなりませんでした。

ところでDr.ドルフィンは施術に行くたびに「その後どうですか?」と
聞かれるので、最初のうちはここが痛いとかあそこが痛いとか息が苦しいとか
いろいろと訴えていました。
しかし施術に慣れてくるとあまりこれと言う変化がなく
きいているのかどうかよくわからなくて、何か言葉をさがして
「よくなっているような気がします」みたいなことを言ったのですがその時に
おっしゃいました。
「セミナーに出ると良いですよ。もっとよくわかります。なりたい自分になるのは
本当は簡単なことなのです。それがわかります」

セミナーは2万円です。

(人集めか、、、、)と内心思ったりしましたが


ところでこんなに疑問に感じたり否定的にとらえたりしているわりには
きっちりと言われたとおりにやっている私。

誰でもそうなのかどうかわかりません。
私は自分がやろうとしていることでよくわからないことは
トコトンやってみる性格です。
それがいいのか良くないのか自分の目で見極めたいという思いが強いです。

もしただお金だけとられるというものであれば、それは世間に訴えるべきでしょうし。

もし良ければそれは自信をもってオススメできるでしょうし。

去年1年間はそのうち何かがみえてくるだろうという感じですごしました。

ところで、昨年4月のある日診療所に貼ってあったポスターが目にとまりました。
2013年のanemone5月号にDr.ドルフィンの話が連載されるという案内でした。

一般的な書店では手に入らないのでアマゾンで購入。

それ以来私はanemoneの読者です。

スピリチュアルの専門の本で最初は何をどう解釈して良いのかわからなかったのですが
今はどっぷりハマっています。

毎月すみずみまで読んでいますが、anemoneでかなりスピリチュアルなことを
理解するようになりました。
あと、かずたまセミナーという占いと神様ごとについて勉強するセミナーに
2011年10月から出席しています。

そしてDr,ドルフィンの施術を受けて1年たった時「地球人革命」を又読みました。

内容はおどろくほど理解できるようになりました。

1年たった今ようやくDr.ドルフィンのおっしゃった言葉の意味が理解できるようになりました。

多分私は今このレベルにいる必要があったのだと思います。
本来ならば今年の1月から施術をうけるはずでした。

そしてセミナーですが、セミナーに出るとそれまでなかなか治らなかった病気が
急に治る人がいるそうですが、確かにそのとおりだと思います。
私はそんなわけでセミナーに出たくてしょうがないのですが
仕事の都合で行けません。

そして「なりたい自分になれる」とか「思っていることが実現する」とか
そのメカニズムがわかるようになりました。

Dr.ドルフィンがおっしゃったようにそれは大変簡単なことだと思います。

何故簡単なのか説明がつくようになりました。


私が何故占いの勉強を始めたかも説明が出来ます。

今年になってというか1月末ころになっていろいろわかるようになってきました。

まだうまく人には説明は出来ません。

ただ、Dr.ドルフィンが最初におっしゃったこと、そしていつもおっしゃる事がすごく印象的です。

「気にしないように」


もう少し詳しく書きます。

私は頸椎症になった時に頸椎のMRIを撮ってもらいました。
頸椎狭窄だと言われました。

私の父は頸椎狭窄がもとで亡くなりました。

だから頸椎狭窄は私の中にはあってはならないものだったのです。
頸椎狭窄ではあっても父親ほどはひどくなかったので生活への差し障りはありませんでした。

そんな時にDr.ドルフィンの本に出会って頸椎狭窄でも心配しなくて良いと書いてあり
とりあえず「心配しなくていいんだー」とちょっと安心しました。

最初の施術の前の自分の症状で気になるところをくわしく訴える段階で
次のような会話がなされました。

「頸椎に狭窄があります」
「それは気にしなくていいです」

今思えばあの時のことは笑えます。
あんなに今かかえている症状について真剣に耳をかたむけるドクターは初めてでした。
あれもこれもどんなにささいなことでもこの時とばかり気になる症状を訴えました。
ずいぶん訴えたわりには答えはずいぶんシンプルでした。

「気にしなくていいです」

それだけ???
もうちょっと何か言ってほしいんだけど、、。
それは大変でしたね、とか辛かったねーとか。
そんなのはなんにもなくてただ
「気にしなくて良い」だけ。




今私は「気にしないレッスン」にはげんでいるところです。

日常生活で気になることは多々ありますし、ふと不安がよぎるということも多いです。

そんな時思い出すんですよあの言葉を。

「気にしなくて良い」

これをくりかえしているうちに私、気づいてしまったのです。
不安や恐怖の正体に。


あ、M様
とにかく痛かったり辛かったり気になるようならば診療所に電話すればいいですよ。
by melo_pro | 2014-02-05 23:30 | Dr.ドルフィン診療所 | Comments(0)

経験者としてのアドバイスです

Dr.ドルフィン診療所に対するご質問をいただいております。

非常に個人的な内容ですので非公開にさせていただいています。

2回目の施術を受けてさらに痛みが悪化されたというコメントです。
「良かったですね」と言いたいです。
ご心配なさらずに。施術がきいている証拠です。

Dr.ドルフィンに対してものすごく合理的でテキパキとした施術が展開されますので
こちらが口をはさむ余地がないような感じです。
でも、私は少しでも疑問があれば遠慮せずに聞いています。
ちゃんと答えて下さいます。

わりあい初期の頃
「白内障もありますが治りますか?」とうかがってみました。

「治るとは言えません!治る場合もあるし治らない場合もあります。
でも、身体は良い方向にむかっていることだけは確かです」
とキッパリ言われました。。。。

白内障ですが、検査すると多分治っていないと思います。
しかし、夜の車の運転に困ることもないし昼間まぶしくてしょうがないという感じは
すっかりなくなりました。
治ったとか治らないとかでなく、別に白内障であっても困らないという感じです。

今我ながら関心してしまうのは、施術当初に先生からすすめられた
「地球人革命」と言う本のことです。

当初は半分以上理解できませんでした。

「この本は一度読んだだけでは理解できません。何度も読んで下さい
そうすると治りが早くなります」と言われましたが
何度も読む気はしませんでした。

最近ある人がこの本を読みたいというのでその人に貸してあげる前に
もう一度読んでおこうと思ってまた読み始めました。

すると、最初からスラスラと頭に入るのです。
あんなにむつかしかった内容がものすごくやさしく感じられ
書かれてあることが全部完璧に理解できました。

それでこれは大切な本だと思って、その人に貸してあげるのはやめました。

何故施術をすると痛みが出てくるのか
何故病気になるのか
など全てわかりやすくかかれています。

是非お読みになられることをおすすめします。

地球人革命この記事を書いた時は二度目を読み始めたばかりでした。

仕事の合間に読んでいるのでなかなか進みませんが
さらに読み込んでこの内容を完全にマスターしておこうと思っています。

そして1年前と私はすっかり変わりました。
何がどう変わったかについては個人的なことなので省きますが、
この本に書かれてあるとおりに「なりたい自分」になり始めています。
もちろんまわりの状況も変わり始めています。

当然ですが毎日が楽しいです。
不安や心配は全くなくなりました。

今ようやくDr.ドルフィンと出会えて良かったと思えるようになりました。
あの時頸椎のトラブルにみまわれなかったら出会えなかったわけです。

そういう気持ちになるのに1年かかりましたけど、、、、。
by melo_pro | 2014-01-29 18:37 | Dr.ドルフィン診療所 | Comments(0)

エッ ⁈ 意味がすんなりわかる

e0034013_15492796.jpg


昨年、一回目の施術の時にDr.ドルフィンから
すすめられたのがこの本でした。

「施術を受けると同時にこの本を読むと良いです」と言われました。

すぐに買って読みましたが、
大変難しくて20パーセントくらいしか
理解出来ませんでした。

「これは何度も読むと書いてある意味が理解出来ます」
と言われましたが、、、、
一度読んでそれっきり。

何度も読むなんて面倒。

今、二回目にトライしています。

この本を貸して欲しいという人がいて、
じゃ、その人に貸してあげる前に又読んでおこうと。。。


今また読み始めていますが


………、、、全部軽く理解出来る。。


おい、おい、
そんなに人間って簡単にかわれるものなのかい?

確かに、本に書かれてあることが実感出来たら
そんなものかもしれません。
by melo_pro | 2014-01-22 15:32 | Dr.ドルフィン診療所 | Comments(2)