♪うらメロ♪ブログ  

<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

熱海へ

昨日は母が熱海のかんぽホテルに1泊したので
現地まで送って行った。
そのついでに温泉につかってきた。
熱海のかんぽホテル本館は長期滞在用に
自炊の設備や図書室、お料理教室や
ダンス教室などがある。
私達家族はいつも1泊か2泊しかしないが
必ず本館の方を利用する。

今年もなんとなく仕事に追われ
ゆっくり旅行する時間がない。
そんなわけで、母は電車で行くから、というのを
まあそういわずに、、、と無理矢理車で送りとどけた。

くっついていって温泉に入るのが目的だった。
熱海で大阪から来た母の妹と合流。

熱海の温泉は大変気持よい。
夏、海で遊んだあとシャワーをあびた時の
感じがした。
一風呂だけで、大変リラックス。。。。。

e0034013_20442512.jpg


e0034013_20445392.jpg
by melo_pro | 2006-03-30 20:45 | ライフスタイル | Comments(0)

スリランカのビスケット

e0034013_19445074.jpg

手前はレモンビスケット(¥230)
奥はジンジャークッキー(¥150)
特にジンジャークッキーは非常においしく
これにハマっている人が目下急増中。

藤沢南口橘通りなかほどにある「布布」という
お店の少し先を左にまがりすぐに右手にある
サン・フラウというお店。

スリランカの駄菓子という感じであろうか。

おいしい!!!!!
by melo_pro | 2006-03-14 19:53 | | Comments(0)

一気に回復

あんなに苦しかった喘息がうそのようにおさまった。
ついステロイド吸入を忘れてしまうほどである。

去年から喘息は悪化の一途をたどっていた。
少しよくなったりしながらも徐々に悪化していた。
夜寒くなったと思ったら咳。
なんの理由もなく突然夜中に咳が出たと思ったら
次の日は雨だった、とか
階段をいきおいよく昇ったら咳き込む。
少し暖かくなったら咳。

以前アダチ先生から言われた言葉が忘れられない。
「これであなたは一生喘息です」
「えー?!治らないのですか〜?」
「でも、いいじゃないですか苦しい病気で」
「いやですよ、」
「病気に気がついた時には手遅れという病気がたくさんあります」

確かに喘息の苦しさはある意味で何かを救ってくれている。
by melo_pro | 2006-03-11 14:40 | 喘息 | Comments(0)

山の上ギャラリーのひな人形展

風邪をひいて寝込むずっと前に山の上ギャラリーのひな人形展に
今年も足をはこんだ。
e0034013_216348.jpg

e0034013_2162152.jpg

e0034013_2163837.jpg

e0034013_2165324.jpg

e0034013_217996.jpg

e0034013_2172445.jpg

e0034013_217394.jpg

e0034013_2175887.jpg

e0034013_2181275.jpg

by melo_pro | 2006-03-06 21:08 | ホビー | Comments(0)

2月25日(土)のバザコン

当日の売り物
☆のぶひろ君の織物
e0034013_21244216.jpg


e0034013_21252818.jpg


☆古布のバッグ
e0034013_21262932.jpg


☆ビーズ小物
e0034013_2127361.jpg


☆和紙折り雛
e0034013_21275293.jpg


☆あずさちゃんの折り紙作品
e0034013_2129122.jpg


by melo_pro | 2006-03-04 21:29 | 仕事 | Comments(0)

パジャマ日記

ちょうど1週間、自宅にいながら入院中のような生活を送っていた。
風邪からの気管支炎そして喘息の苦しい発作。

先週金曜日の夜はものすごい喘鳴で目がさめて朝まで眠れなかった。
土曜日は初めての試みのステージがあるため、どうしても休むわけにはいかず
家を出た。
歩くと苦しい!!
その夜仰向けに寝る事が出来ず、一晩中フトンに座ったきり。
明くる日(日曜日)は茶の間のほりゴタツに座って眠る。しかし一晩中咳で眠れず。
月曜日も同じく。
火曜日2階から布団をおろしてコタツの横に敷いて枕を高くして寝る。
水曜日はさらに枕を高くして寝たら首がいたくなった。
この間ずっと2階の行き来は出来ず。
木曜日(昨日)もう一晩だけ下で寝る。枕は低い目に。
金曜日(今日)ようやく朝方の咳き込みもなく動いても咳は出なくなり
階段をかけ登っても平気になった。

久しぶりに2階の自分の部屋に入る。懐かしい気分。
旅行から帰ってきた時と同じ感じがした。

「病と言う名の旅に出ていたのさ」とインパルス板倉風に心の中でつぶやいてみる。

部屋を掃除し、普段と変わらず元気に動きまわるが発作はおきず。

病気って治るもんだわ。

ただ、この病気の恐ろしいところは、治ると何事もなかったかの如く
元気になってしまう事。
でも私は普通の人とは違う。いつもその事を忘れてはいけない。
私は違う。私は喘息という名の病におかされている。
決して無理がきかない身体だという事を忘れてはならない。

今日までパジャマ生活であった。
明日久しぶりにパジャマを脱ぐ事にした。
さらにあさっての日曜日はシャバの生活に復帰。

ずっと1週間忘れていたが、以前からちらしの直しを頼まれていた!
来週打ち合わせがある。そして、、、、

当たり前のことであるが、1週間おさぼりしたぶんこれからしわ寄せが。
by melo_pro | 2006-03-03 21:04 | 喘息 | Comments(0)