♪うらメロ♪ブログ  

<   2008年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

味について

以前、どうしようかと困ったことがあった。
仕事上である人を紹介してもらったのだが、、、

今でこそ私はずいぶん愛想が良くなって人ともマメに会うことが出来るように
成長したのだが、当時は人見知りというのでもなくて、人と会うのがおっくう
であったのである。
しかし、そんなことではいけないと自分をふるいたたせていたのだ。

紹介してもらった人は社長である。
あまり詳しい事は書けないが、社長である。

食品業界の

ま、早い話あるエリアのラーメン店の社長。

あるエリアにそのチェーン店がなん件もあるのだが、、、もうかなり昔から
やっているラーメン店である。

社長の話はなんだか良いような気がした。
しかし尊敬に値するかどうかはそこのラーメンを食べてからでなければ
なんとも言いようがなかった。

ある時、思い切ってそのラーメンを食べたのだが、そのまずいこと。

いろいろと良い話をきいたのだが、あの味であの話はないだろうと
いかんともしがたい気分になった。


最近、それと少し似たような経験をしていて困っている。

ラーメン屋ではないが、
すごく美味しいという事でお客をひきつけようという作戦に出ている
某社があるのだが、、、
最近食べてみたが、以前にもましてまずくなっていて、、
社長に「まずいです」とも言えないし、困っている。

「どうですか?」と言われてしまうと
「とっても美味しいです!!」と愛想良く答える自分。

いいのか?これで。
by melo_pro | 2008-10-28 23:31 | | Comments(0)

いかん!喘息が!

4日に一度のわりでステロイド吸入を抜く事2回。
トタンに喘息がでかかってしまっている。

季節の変わり目、コンピューターの前での仕事、私にとってはやや
ハードだったこの一ヶ月間のスケジュール

この間愛用者の集いに出た時にまた喘息が治ったという方に出会った。

自然回帰水で喘息が治ったという話を本当によく耳にする。

だいたい、1年から2年かかったとみなさんおっしゃる。

そうかそうか、時間がかかるんだ。まだ2ヶ月にあと少しという段階では
問題外というところだろう。

ある方にどのようにしてステロイドから離れたのかをきいてみた。

調子が良くなって、つい吸入を忘れる日があったのだけど、
なんともなかった、、、。ということが続いているうちにすっかり
離れる事が出来たそうである。

今はまったくステロイド吸入はする必要がないとのことだが
笑いながら「でも一応持ち歩いているのよ」と。


私も現在はメプチンエアー(苦しい時に気管をひろげる応急処置用のもの)を
全く必要としなくなったが、出かける時は必ずお守りのように持ち歩く。

思えば昨年も一昨年も今ごろは発作がおきていなくても夜寝る前に
シングレアを飲み、ホクナリンテープを貼って寝ていた。
それでも発作がおきていたのだから、今少し調子が悪いと言っても
レベルがぜんぜんちがう。

昨年、一昨年の苦しさのレベルを70とすると今は9くらいである。
by melo_pro | 2008-10-27 18:30 | Comments(0)

ますます不思議に磨きがかかっているみたいな。

今日、SONSのタケシがうちに来ました。

コンサート前になると必ずうちでレッスンします。
彼が演奏する楽器をうちにおいているからです。

この間のヤマハでの練習の時は、自宅レッスンでかなり時間をかけてチェックを
しなければならないかな、、と思っていたほどの出来。
つまりまだまだの出来でした。

ところが、本番で弾く楽器を前にすると、本番の仕上がりモードに入るのでしょうね。
ほとんど直すところがないくらい良く弾けていました。
DingDongの早弾きのところだけ3回ほどチェックしましたが、問題のない仕上がりでした

彼の場合練習出来た出来ていないという話は成り立ちません。

常に、覚えているか忘れているかだけのようです。

だからずいぶん前に練習した曲をいきなり「◯◯を弾いてみて」と言うと、うろおぼえで
まちがいながらまず弾きます。
弾き終わると「思い出した!」というのです。
じゃあ、と言ってまた弾かせてみるとほとんどと言っていいくらい正確に弾けます。

思い出せば良いわけで、練習を積むという時間は関係ないのです。

思い出すための条件づけをうまくやればいいといえるかもしれません。

だから今日のようにいつもステージで弾く楽器を前にすると反射的に思い出すわけです


常に正確に弾くTAKAYUKIの出す音に対して、タケシは唄うように弾きます。

TAKAYUKIは弾くように弾きます。なんとなくわかるでしょ?この感じ。

ドタママさんの息子さんは自閉症です。
ヒロ君といいますが、これは彼本人から聞いた話です。
彼は旅行するのが趣味です。とまりがけでどこにでも行くそうです。
コースとかは時刻表を見てきめるそうです。
自分の乗るべき電車やバスの時刻が全部頭に入っていてそれに従って動くそうです。
さらに帰って来てからそれを全部記録しているのです。
それだけでも驚きなのに、ドタママさんから聞いた話ですが名簿を一度見ただけで
全部覚えていて、正確に書き写す事が出来るそうです。

彼は以前の職場では全く理解されずに苦労したらしいですが、現在の職場では
そんな彼の特殊な能力は高く評価されているらしいです。

世の中には信じられないような高い能力を持った人がいる事は事実です。

そのような人が私の生徒であったりすると大変楽しいです。
by melo_pro | 2008-10-23 16:54 | タケシ | Comments(1)

最近の化粧品

自然回帰水を飲むようになって、GPつまりグリーンプラネットの活動に
参加するようになった。
グリーンプラネットの活動の仕組みについては説明は省くが
ここで行われる様々なセミナーが大変面白い。

各種セミナーについては無料あるいは1000円という値段であり
愛用者の集いが毎月あり、それは2000円くらいで美味しい食事をしながら
愛用者が感想を語り合うというものである。



私は自分に必要なセミナーにいくつか参加してみた。

愛用者の集いは私にとっては非常に大事な集いである。

何故かというと、私と同じ経験を持つ人、すなわち喘息の人が3リットルの水飲みで
どんな風にして改善されていったのかを知ることが出来るからである。

それはそれとして、昨日上大岡でおこなわれたサロン・ドゥ・ビューティーは大変に
驚きの連続であった。

<回帰水を使用した化粧品の説明、正しい使い方のレクチャー>

この化粧品がどのように良いのかの説明は省く。

非常に驚いたのは、最近の化粧品の作られ方についてであった。

ナノテクノロジー、という言葉はよく耳にしているが


メートルサイズ(人間のサイズ)
ミリメートルサイズ(ほくろのサイズ)
マイクロメートルサイズ(赤血球のサイズ)
ナノメートルサイズ(DNAのサイズ)

ナノサイズでどうのこうのという時代なのだそうである。

DNAといわれてもどんなサイズか小さすぎてピンとこないが。

なんでも甲子園球場のどこだかからどこだかまでが人間サイズだとすると
ナノメートルサイズというのは、その砂の一粒なのだそうである。

化粧品の使い方のところは忘れないように必死でメモしていたが
ナノテクノロジーの説明に関してはただただ驚くばかりでメモをとるのを
すっかり忘れていたので印象に残ったことしか書けないが。

いずれにしても今はそのような感じで化粧品は作られているらしい。

最後にみんなが感想を述べるのだけど、私は新参者であり3リットルの水飲みを
初めてまだ1ヶ月半しかたたないし、ここで発売されているパックしか使っていなくて
しかもかなりまちがった使い方をしていたことがわかり、とても感想を述べるなどという
おこがましいことは出来なかったが、ただとっさに出た言葉は次のようなものだった

「私は昨年夏にT.Yさんの造顔マッサージをしようと思って横浜のTデパートで
S社のクリームとかを買いました。3万円。でもしばらく使ってみましたが
においがすごくて、結局やめました。そして捨てました。
その後Fの、あの神楽坂にショップのあるあれですが(クスクスと笑いがおきる)
そこでクリームと美容液を買いましたが冷蔵庫にいれっぱなしで忘れていました。
いらないので捨てようと思ったら妹がもったいないから私が使うというので
まだそのままにしています。」


そういえば、この夏にしわをのばす事が出来るというものを買ったけど
いつしか使うのを忘れてしまっている。
だって、例え使い方をちょっとまちがっていたとはいえ、回帰水を使って作られた
パックの方が何倍も効果があるから。
即効性という点においては造顔マッサージよりも効き目があるし。

私たちは化粧品をどこで決めるかというとそれは簡単なことである。
その化粧品を長年使っている人の肌を見てきめる。

この日、絶対にコレに決めよう!!と思った瞬間があった。

それは、この化粧品の説明をした人であった。

なんでも20代のころには相当ひどい肌だったらしい。
しかし私にはその人が以前どんな肌だったかは知らないからそれをいくら言われても
ピンとはこない。
私というか私たちはそれを説明する人の肌はもちろんのこと服装のセンス、スタイル
立ち居振る舞いなどを全て瞬時にしてチェックしている。
もしかしてその人の人間性までもチェックしているものである。

だからその人がどんなにきれいな人であってもその人が20代であれば購入のポイントには
ならないのは当然のことである。
あるいは、30代であっても。

当然のことながら、その女性がいくつくらいなのか想像をするわけである。
話の内容からすると30代前半なんだろうな、それだったらいくら肌がきれいになった
と言われてもこちらにとってはたいした説得力はないわナ
と思っていた。

それで、「いくつですか?」と聞いてみた。
ぶしつけな聞き方だったけど、本当にそれが気になっていたのだから。

ちょっとはずかしそうに「45です」と答えられた私はあまりの驚きにおもわず
のけぞってしまった!!

「買うわ。絶対に私も頑張るわ!!」


この方はいったいいくつの時からこれを使っておられたのであろうか、、
それを聞くのを忘れてしまった。
しかし、かりに30代後半から使っておられたとして、、
60才になってからそれを使うのとは比較にならないことはよくわかっている。

しかし、最近、45才でも大変若い人をよくみかける。
しかし、それは雰囲気や幼さが多少残っていたり、いわゆる若造りがしっくりしている
というケースで見た目を若くしていたりそれがサマになっていたりするというものであろう。

だがしかし、昨日の方は肌の質感がちがうのである。

どうみても30代前半にしかみえないお肌であった。

もうそれは奇跡としかいいようのないもの。

「可能なんだ」と思った。


そして昨日化粧品の正しい使い方を教えて下さった方がまた驚きであった。

62才。

なんと言えばいいのだろう、、、、
こういう感じで62才であるべきなんだわ、と思った。

この方は昔からテニスやゴルフで肌をいためつけていたとのこと。
それがここまで回復出来たとおっしゃるのだが
先ほども書いたように、昔、肌がひどかったといくら言われてもそれはピンとこない。

しかし江の島で仕事をしていると、最悪な肌の人をよくみかける。

若い頃にサーフィンをしまくっている女性である。
こういった女性が40代50代になるとそれはもう目もあてられない。
だいたいやせていて色が黒くて、つまり色素が沈着しているので白くならないのだ
そしてしわがくっきりとしてしみもある。

つまり鳥のガラみたいな女性に時々でくわす。

ウソだと思うだろうが、湘南にはそういう女性がけっこう多いのである。

私の知っているちょっとハイソな女性もそうである。

昔は大変な美人だっただろうというお顔立ちである程度のスタイルも維持されている
お金持ちで、、、
でも、しわは深くしみもおありで、なんといっても手足のひからびようはすごいものが
あった。

湘南にはこのようなお金持ちが多いのである。

それを知っているから、多分この方もそんな感じだったのだろうと想像してみると
確かにそれはすごい変わり様かもしれない。

で、思うのだ。

湘南のけっこうスタイルの良いちょっとお金のある熟年の女性にとって
きれいなお肌はもしかしたら手にはいらないものかもしれないのかなと。

だって、エステでどうにかなるものであれば、お金があるのだからなんとかなっている
はずではないか。
あるいはお肌を美しくするという価値観をお持ちではないのかもしれないし。


そんなわけで、かなり自分の想像力をかけめぐらせてその方の今を考えたら
やはりこれも奇跡かもしれない。

しかし、私が大変驚いたのは、そのプロポーションとセンスの良さと人柄、
立ち居振る舞いであった。

素敵なのだ。
とってもナチュラルで。

60代ってとっても素敵な世代なんだとそんな風な感じ。

だから、さきほどの45才の人以上にその年齢分だけ数段、人としての魅力を
お持ちの方だと思った。

その方からこっそりとお腹をすっきりさせる方法を教えてもらったのである。

その方とお話出来たというだけでなんだかプロポーションが
良くなったような気がしてくるから不思議である。
by melo_pro | 2008-10-23 13:51 | Comments(0)

ところが、、、

喘息の発作はおきていないのだけど、ちょっと、、、。

のどがぜいぜいして痰が少しからんでいるという感じに夕方からなってきた。

原因はやはり油断である。

17日に発売された船井幸雄の「有意の人」という本が実に面白くて
昨日夜2:00からどうしてもがまん出来ずに読み始めた。
多分3:30頃まで読んでいたと思う。
時計を見ると妙に意識してしまうので時間の事は気にしないようにしていた。
そして母に「今晩は寝る前に本を読むから、どうしても最後まで読みたいので
寝るのは朝方になるかもしれないから明日は10時か11時に起きるからね」と言っておいた。
しかし途中で眠くなって寝てしまったが朝になって続きが気になって8時頃に起きて
再び寝床で続きを読んでしまった。

この極端な睡眠不足がよくなかったのである。

7月の時も「忌館」を夜中によみふけっていて体調をくずしてしまった。

しかし、ちょっと痰がからんでいるのと笑うと咳が少し出るくらいで他には
どうという症状はない。


「有意の人」は全部読んだ。

本当なんだろうか、、、、、。

それが本当だとすると、もう限りなく面白いと思う。
by melo_pro | 2008-10-20 21:48 | 喘息 | Comments(0)

喘息の治り方

薬で喘息を治す時は表面から治って行くという感じである。
治すと言っても、発作の起きている状態から通常の状態にもどすというわけで
常に発作をおきなくさせるステロイド吸入をしていなければならないので
喘息そのものが治るとは言えないが、でも症状がだんだんと薬によって治まっていく時は
表面から治まっていく。

しかし3リットル水飲み健康法を始めて身体を改善していくという場合は
逆に表面はあまり治ったという感じがしない。

あいかわらず、咳も出るし喉もぜいぜいしている
風邪気味という症状が続いている。
喉も少し痛い。
水を飲むととっても心地よく喉がうるおされていくので今ではどこに行くにも水が
手放せなくなっている。

しかし、肺が随分と元気になっているのがわかる。

まず深く息が吸えるようになってきた。
だから階段を走って上っても息がきれない。
筋肉がしっかりしてきている。
重いものを持てるようになった。

身体がずいぶん軽くなってきている。

だんだんと普通の健康な60代の人の状態になりつつある気がする。
by melo_pro | 2008-10-19 00:24 | 喘息 | Comments(0)

脱ステロイド

ひらたく言えば、9月いっぱいはステロイド吸入を朝と夜の2回にしていた。

10月7日からコンスタントに夜1回に切り替えてみた。
10月に入ってから呼吸が楽になってきたのだ。

16日の夜、そういえば寝る時に喘鳴がしなくなっていたことに気がついた。
そうしたら、キュバール(ステロイド吸入剤)が身体に大変悪いものだという感じが
強くしだした。

そろそろステロイド離れを試みてもいいのではないかと軽く思ったのである。

これまで何度も脱ステロイドに挑戦してきた。
しかしその都度失敗してきたのである。

脱ステロイドに失敗したあとは超ステロドイド生活となる。

つまり喘息の発作がひどくなるのである。
そうなるとステロイド吸入は1日に3回とか4回に増やして治さなければならない。

脱ステロイドとリバウンドを繰り返してきた。

おとなしくステロイド生活を続けてうればいいのかもしれないが。
尤も、吸入ステロイドの場合、ごく微量なので副作用はないとされているが。
しかしステロイド吸入の治療が日本で始まったのは1995年頃であり
欧米ではその何年か前から一般的になっていたらしい。
私は1998年に喘息の専門の先生に出会ったため、日本ではまだ一般的ではなかった
ステロイド吸入を始めたわけである。

副作用はほとんどないと言われているがこの治療法はまだ歴史が浅い。

ステロイド吸入を20年以上続けた人の症例はまだ少ないのではないかと思う。

確かに、ステロイド吸入のおかげて喘息の死亡率は画期的に減った。
もし私がこの治療法に出会っていなければ、今ごろは死んでいる可能性が非常に高い
死因はもちろん窒息死である。
夜中に発作がおきて救急車をよぼうかと迷っていて、もう少しと我慢しているうちに
亡くなるというケースが実は少なくない。
あるいは気管支拡張剤を乱用しすぎて心臓を悪くして死ぬケースが非常に多いそうである。

ついでなので、喘息の発作がおきた時の対策を書いておく。

なるべく早い目に救急車で病院に行くのがのぞましいが

絶対に仰向けにして寝ない事
横向きでもいけない。
座ったまま眠る事。
気管支拡張剤は発作のひどい時は2時間おきにつかっても大丈夫。

7月にひどい発作におそわれた時にネットで知った方法であったがこれはかなり効いた。

まず気管支拡張剤を2吸入して20分後にもういちど。
それでも改善がみられない場合は喘息以外の病気の可能性があるらしい

私の場合はこれで発作はとりあえずピタリと治まったが
アルコールが苦手な体質なので、気持ちが悪くなった。

この段階で中程度の発作だったのだが、だんだんと重症になっていったらどうしようと
心配になってきた。


話をもどす。
そんなわけで夕べはステロイド吸入をせずに寝た。
朝になっても息苦しいこともなく普通であった。

脱ステロイドは実に慎重にしなければならない。

脱ステロイドにはふたとおりの方法がある。

ひとつは、ステロイド吸入の時間を一時間づつずらしていくやりかた。
例えば今日は夜12時に吸入したら翌日は夜1時に、その次は夜2時にというやりかた
しかしこのやりかただと夜中の3時とか4時ちょかに起きなければならないので
非常にむつかしい
もうひとつは1日おきにして2日おきにして3日おきにするというやりかた。
これまで私はこの方法をとってきたが、たいてい3日おきになったあたりで
喘息が悪化していた。
それで又1日3回にしてホクナリンテープやシングレアのお世話になり
さらにコントロール不能になった時は発作がおきるというくりかえしであった。

もちろんこのような試みをする時はサプリメントを使いながらであったり
睡眠をよくとって体調をあらかじめ整えておいたりしていどんだわけであるが
結論としてサプリはどれもきかなかった!
どのサプリがきかなかったのかはふせておく。
私の場合、サプリメントで喘息を治すことは出来なかった。

で、昨日はステロイド吸入をしなかったので今日は寝る前に1回。

当分の間は様子をみながら1日おきのペースでやっていこうと思う。
by melo_pro | 2008-10-18 23:59 | 喘息 | Comments(0)

野菜が本当に美味しくて!

野菜を買って来て、自然回帰水を入れたボールにつけておく。
1時間ほどすると野菜の表面についている農薬などが水に溶け出す。
水からひきあげた野菜をさっと洗って(とけた農薬などが野菜の表面についているため)
食べる。

肉もパックから出して水につけておく。
しばらくたってから野菜と同じように表面をさっと水で洗ってペーパータオルで
水気をきって油をひかないフライパンでそのままいためる。

最近の私の定番料理は豚肉の薄切りを少し焦げ目がつく程度にフライパンでいため
千切りにした野菜の上にのせて食べるというもの。

ここでドレッシングを、と思うがそれよりもさらに美味しい食べ方がある。

お醤油をびんごと少し深い目の器にいれた回帰水につけておく。

こうすると大変にマイルドな上質のお醤油に変身するのだ。

はっきり言って、ドレッシングよりもこのお醤油だけで野菜を食べる方が美味しい
と思う。


大船のルミネの地下のスーパーで(成城石井ではない。成城石井は1階にある)売っている
イタリアンサラダ用のミックス野菜が最近のMy Favorite
レストランで出て来るサラダのような気のきいた感じなのだが、これを回帰水につけて
水気をきって手でちぎってガラスの大きなお皿に入れて、あとレッドピーマンとか
普通のピーマン、きうりなど適当に冷蔵庫にある野菜を細く切ってまぜておき
その上に油をつかわずにいためた豚肉をおく。

この間から誰か人がうちに来るたびにこれをお出ししているのだが
どの人もみんな美味しい!と言ってくれる。

有機野菜ですか?と聞かれることもある。

普通の農薬のかかった野菜なんだけど、、、

でも農薬はきれいにとれているので安心して食べられる。

そして何よりも美味しい。

野菜だけよりも動物性のものを上にのせると美味しい。


いつも豚肉ばかりであるが、今度は魚介類を上にのせてみようかと母と話している。

今日も又夕食でこの野菜の千切りを食べた。

メインディッシュの春巻きよりも野菜の方が数段美味しく、野菜に細く切ったチーズを
まぜて海苔でまいてお醤油をつけながら食べてみたらこれが又美味しいのなんのって。


野菜好きの私にはたまりませんワ。。。


これは本当に心からオススメしたい。

野菜を回帰水につけてから切って食べる。


盛りつけに失敗すると餌になってしまうので、器と盛り方にはかなりのセンスを要するが


尚、肉も回帰水につけておくと臭みが全くなくなって非常に美味しくなる。
by melo_pro | 2008-10-17 21:11 | Comments(2)

3リットルを飲み始めて1ヶ月半

10月4日、5日、6日の3日間、朝早くから夜遅くまでのこれまでの私には
あり得ないスケジュールだった。

思えば去年のこの時期に私はひどいことになっていた。

07年10月14日


結局、、こなせた。

9月の中頃から「きくち体操」はやっていない。

10月10日に風邪の初期症状がおきた。

くしゃみが出てハナがむずむずして
今までだと、これがおきるともう何をやってもダメ。
そのまま風邪に突入し気管支炎になり喘息になっていた。
それが今年の7月までのことであった。

8月になってステロイド吸入のコントロールがうまく出来るようになり
喘息の発作は全くおきていない。
しかし、問題は夏の疲れが出て来る9月であった。
8月から「きくち体操」を始めたことにより、筋肉が少しづつ回復していくのが
わかったし肩がこらなくなった。

しかし、夏の疲れをのりきれるかどうかは不安であった。。。

そして9月3日から3リットル水飲み健康法を始めて、9月半ばから
ちょっと意識的に「きくち体操」をやめてみた。

きくち体操をする必要がなくなってしまったのである。

水だけで?と思うだろうが、水だけで、なのである。

細胞レべルで若返るといわれていたが、本当にそのとおりになってきた。


8月まで毎月行っていた健康加持で昨年の今ごろは
「老化現象がそろそろ始まっているから歩き方に気をつけなければならない」と
言われていた。
ところが、今年の7月、8月にはさらにその上のレベルに入っていた。
普段からストレッチをやったりして相当気をつけなければならないという状態だった。

50代に入って徐々に下降線をたどっていたのが60になって急激にカーブは
落ち込み61才になるや、本当に老化というデンジャラスゾーンにまともに入ってしまった。

以前より私は年よりも若くみられていた。
しかし、身体の中からどんどん老化していくのがわかった。

私は若くいるための努力をしたことはない。
老けてみえてもそれはそれで平気である。

しかし、私は老化をなんとかふせぎたいと願っていた。
何故かというと、苦しいからである。

喘息が治ればよいと願うのも同じ。

苦しいからである。

肩こりに悩まされ、不眠に悩まされ常に身体がだるくて寝起きも悪く
ちょっと無理が続くと風邪ひき、少し忙しくなるとストレスで体調を悪くする
という連続だった。

この7月あたりには運転するにも限界を感じていたのである。


仕事をしたい。でも仕事をすると疲れる。

つくづく無理がきかなくなることを痛感していた。
無理をするとトタンに身体が苦しくて悲鳴をあげるのである。

健康加持の先生がおっしゃっていた。

身体が老化するというのは、先月出来ていたことが出来なくなる。
先週出来ていたことができなくなる。
昨日出来ていた事が出来なくなるということだと。


7月には本当にそれを実感していた。
この次は何が出来なくなるのだろうと思うようになっていた。

パンプスをはいて歩きまわることが出来なくなっていた。

朝起きる時に右足が時々つっていたのが毎日そうなるようになっていた。
車の運転を少し長くすると背中が痛くなっていた。

身体におきる苦痛がどんどんふえていくのが私にとっての老化の実感だった。

世の中の60代の女性はこのような苦痛をどううけとめているのだろうと思っていた。
私が特別早く老化現象がおきていたのだろうか。
喘息で酸素がうまくとりこめないからそうなっていたのかもしれない。

そして「きくち体操」に出会ってかすかな光がみえた。

これらの症状は筋肉の衰えだったとわかった。

そして努力をすればそれは回復させることが出来る事を知った。

これで、なんとかなる!!と光がみえた。

とにかく苦痛から解放されたかったのである。

そして3リットル健康法を始めた。
ただ、水を飲んでいるだけで良いのである。

1ヶ月をすぎた昨日(10月15日)私は朝から夜までけっこう重い荷物をもって
パンプスをはいて東京にいた。
帰りは坂を上るのがキツイので必ずバスにのって坂の上のバス亭でおりていた。
昨日はモノレールで坂を登って家に着いてもぜんぜん平気だった。

それに朝モノレールにダッシュでとびのって、そして平気だった。

思えばここ10年は駆け足でモノレールに乗った時は次の駅に着くころまで
咳き込んだりゼイゼイと息が乱れていたものであったが
昨日は何ごともなかった。

その事に気がついたのは横浜に着いた時だった。

あらっ?走っても息が乱れない!!

ナニ?この急激なかわりようは、、、。

そしてわかった。

今私は先週出来なかったことが出来るようになり
先月出来なかったことが出来るようになり
気がつけばたしか5年くらい前にこんなペースでやっていたな、ということが
今出来るようになっている。

水を飲むだけで。



自然回帰水の生水器をとりつけにきたカミヤさんが
「3ヶ月は待って下さい。3ヶ月たったら驚くほど変わりますよ」とおっしゃった。

「どうかわるのですか?」と聞いたら
「それは楽しみにしていて下さい」と言われた。



朝起きる時に足がつらなくなった。
車の運転はどうということがなくなった。
寝付きがよくなった。
寝起きがよくなった。
肩こりがなくなった。
疲れが残らなくなった。

そんなところかな。

肌の色が良くなったと言われるようになったが、それはこの回帰水を使った
パックをしているせいかもしれない。
by melo_pro | 2008-10-16 23:21 | Comments(0)

みんなdeコンサートの写真

舞台そで
e0034013_16442911.jpg


ドタママこと増谷澄香さん
この歌のシーンはこちらに→My Favorite Things
e0034013_16452099.jpg


指揮は増谷澄香さん
e0034013_1652641.jpg


岐阜の各務原児童合唱団(ものすごく上手な合唱団です)
e0034013_16532732.jpg


e0034013_16551633.jpg


e0034013_16554278.jpg


レオ君と二胡の張照翔さん
e0034013_16561846.jpg


e0034013_16584927.jpg


元タカラジェンヌ 音乃いずみさん
e0034013_16591111.jpg


増谷さんの生徒さんたちと
e0034013_170626.jpg


お疲れ様でした。
e0034013_17055100.jpg


キャノン、イクシー810で一番後ろの席から撮影。
案外良く撮れていました。
ただライトが暗いシーンはダメでした。
設定を変えればよかったのかもしれませんがよくわからず、、
室内パーティーモードに設定して撮りました。
by melo_pro | 2008-10-08 17:01 | ミュージック | Comments(2)