♪うらメロ♪ブログ  

<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

4

ある事情によりiPhoneを3から4に変えた。便利になったのか
不便になったのかさっぱりわからない。
今のところは。
by melo_pro | 2011-03-30 03:28 | Mac | Comments(0)

母の知恵に救われています

母は現在90歳。

普段からものを買いだめする癖があります。

戦争でもののない生活をしいられたり、オイルショックを経験したりして
いつも余分にものを買っておかないと落ち着かないのです。
私達はついこの間まで、先週の金曜日までそんな母に対して
「余分にものを買わない様に!」とか
「今は家にものがなくてもいつでもどこででも買える時代なんだから」
と言い続けていました。

ちょっとでも賞味期限のきれたものはすぐに捨てて常に冷蔵庫の中は
すっきりと使い勝手をよくしても
「また、そんなに買ってきて〜」と買い物に行くたびになにやかやと。。。

さらに、母は近くの生協に買い物に行くのが何よりも楽しみなので
ある程度はしゃーないかと思っていました。
特にトイレットペーパーとティッシュペーパーのストックの多さとか
お米の予備とか卵とか、うちはかなり多い方だと思います。
さらに、母はなんでも冷凍して長持ちさせるのが好き。


そのようなわけで、今うちの家では、みんなで母に「ありがとう」と感謝しています



現在、姪が出産のためにこちらに来ているので
一時的に4世代の同居生活です。

年齢順に
母、私、妹、妹の子供、妹の孫となります。

普段は意見のちがいで衝突することもあります。
しかしこの地震以来、自然発生的にみんなの役割が明確になってきました。

無意識的に90歳の母に対して尊敬のまなざしを持ち、母の発言力はかなり高くなっています。

私はだいたい今日何をするか的なことに対してはまったくダメ子です。

地震発生時に外売りしていた「しらすまん」の蒸し器をおさえに
かけつけなければならなかったのに
それをすっかり忘れて、海を見ていました。
「こんな時に何やってんの!!」とさんざん言われましたが。

ところが、なんというんでしょうね
今日明日のことはあまり意識にないのに来月、再来月、来年の予測というものには
頭が妙に働きます。

姪は今回の地震のため今後の予定の変更を余儀なくされたりしていますが
「それについてはこんな風に考えてこんな風に対処すればいいのではないか」
とか、家族が抱きそうな不安についての解決方法とか
いろいろとね。

姪はもっぱら情報収集を。
仙台の友人知人の情報を仕入れています。
友達の友達が津波にあって水につかって「もうダメだ」と思ったら水がひいて助かったとか
実にリアルな情報が入ってきます。

姪の子供は3歳になったばかりで、ひたすら明るさをふりまいてくれています。


こういうことを経験してすごく思います
うちは家族と言っても少し変則的で
世代のちがう人が集まっているという感じですが

人が集まるとそれぞれの考え方がぶつかってトラブルになりやすいです。

しかし今は自分の考えが正しいとか自分の意見が受け入れられないとか
そういうことを言っている場合ではありません。

まず、地震で亡くなられた方に対して心を痛め、避難している人びとに
早くなんとかならないかと祈る気持ちであり
そして、無事な私達は明日の停電が何時から何時までなのかが最も重要なことで
原発の事故がどうなっていくのかが何よりも気がかりで
みんなが同じ気持ちになっている今再発見したことは
人が集まると集まった人数分の知恵が出て来るということです。

人はそれぞれ役割を持っているのだということを明確に感じます。


90歳の母は一番強いです。
by melo_pro | 2011-03-19 00:41 | ライフスタイル | Comments(0)

地震の時

地震がおきた時は店の中にいました。

書類に目をとおしていましたが、めまいかな?と思っていました。
それにしては長いと思っているうちに再びユラッとゆれて
もしかしたら地震?とようやく気がつき
こういう時は外に出た方がいいのかなと思って外に出てみました。

棚においてあるお菓子類は全く落ちてこず
ただただ船にのっている時のようなゆれかたでした。

ところが、外売りをしていた妹はかなりゆれていて怖かったと。

すぐに津波警報が出て橋は封鎖になり観光客ともども島に閉じ込められました。

とにかく上に逃げて下さいと言われて妹とともに島の上に新しく出来たカフェで
お茶を。
あとで聞いたところエノスパで働いていいる人たちはサムエルコッキング苑に行った人が
多かったそうです。

5時すぎになってようやく橋を渡れるとのことでタラタラと下まで行き
歩いて家に帰りました。

しかし、西鎌倉は停電中で電気がつくまではちょっと大変でした。

が、テレビのニュースを見てびっくり!!!!!

のんびりお茶をしていた時あんなに大変なことになっていたなんて。。。

あとから知ったのですが、神奈川でもけっこう大変だったみたいで。

こういう時はツイッターって本当にありがたいです。

すごい情報量!

今私たちがすることは、今おきていることを知ることだと思います。
それから自分に何が出来るかを決めて実行することなのですが
今は祈ることしか出来ません。


サンドウィッチマン伊達のブログ
by melo_pro | 2011-03-14 02:55 | ジモト(湘南地方) | Comments(1)

(私の)おひざでピアノ

e0034013_1622194.jpg

e0034013_16272759.jpg
by melo_pro | 2011-03-09 16:23 | 家族 | Comments(0)

ついに朝方の生活に!

私にはどうしても打ち勝てないものがふたつあり、
それがちょっとコンプレックスでもあった。

それは貯金が出来ない体質(お金があると使ってしまうという弱い私)
そして朝早く起きられないこと。

このふたつを改めるのは無理だと思っていた。

しかし、将来のことをいろいろと考えなければならない年頃になり
今年からお金をためられる人になろうと決心した。
そのための前段階として、お金を使わない人になろうと決めた。

決めたら案外出来るものである。

ただ、まだまだ必要とする経費がかかりすぎるので
本格的にお金をためるのは夏以降になるかと思う。


例えば、来週の水曜日に病院で検査をするとか、さけては通れない嫌なことがあるとする。

その前後したタイミングで楽しいスケジュールがあるとする。

そうした時に楽しいスケジュールは嫌なことが終わって
気分的にすっきりしてから思う存分楽しみたいと思うのが多くの人の気持ちだろう。

しかし、私は楽しいことが先に入っているとうれしいのである。

だからお金がたまらないのだと思うし朝方の生活にどうしてもきりかわらないのだと思う。


お金をためる前に使うことを楽しみたい。
朝早く起きるよりも夜遅くまで好きな事をダラダラやっていたい


そんな私がお金をためることにして朝方の生活に切り替わったのだから
私の中ではけっこうなエピソードである。

何故こんなことになったのか。

ここが大事なところ。

まず、親がいつまでも元気ではないことを認識し始めたこと。

私の母は今90歳である。元気で今でも専業主婦をしている。
私は母はあと10年元気でいると決めてる。
この10年のうちに、金銭的な基盤をつくらなければならない。
そうするには今から始めなければという当たり前のことにようやく気がついた。

そして、朝方に切り替わった直接の原因は
税金の作業がどうしてもはかどらないこと。

姪の子供が日に日にコンピューターというものを理解し始め
最近ではマウスの使い方まで覚えている。
もっぱら動画を見て楽しんでいるのだが

「じゃあ、まじゅ、新幹線から見ようか!」
「ちかてちゅ見る」

とまあこのようになんだかずいぶん専門的な方向に行き始めている。

仙台の地下鉄の旭日が丘駅から泉中央までの前面展望を楽しんでいるのだが
八乙女という駅はしらなかったのであるが泉中央駅は知っている。
泉中央には家族でよく出かけるからであるが
泉中央のひとつ前の駅が八乙女であることや
八乙女の手前付近の泉中央に向かって右側のマンションにママが住んでいたことを
教えると、、、、理解を示し始めているのである。

日に日に動画の見方が変わって来ていて以前はただじっと見るだけだったのが
今では感想を言うようになっている。

そのようなわけで、おばちゃんが1人コンピューターの前にいるのは
彼にとって許せないことなのである。


それで、昨日急に思い立ったのである。

朝方に切り替えよう!!!!!!

同じ、姪の子供が寝ている時間帯でも朝と夜とではぜんぜんはかどり具合がちがう



とにかく私も必死だもんで、、、、。

私の長い人生の中で自主的に朝方の生活を営むのは初めての経験である。

なんというか夕べは楽しかった。
これから始まる朝方生活がどんなものかすごく期待がふくらんでいた。

家族のものはみんな「ずっと続けてね」と言っているが
多分私は続くと思う。

続かなかったらまあそれでもいいではないか。
by melo_pro | 2011-03-01 17:50 | ライフスタイル | Comments(0)